去年の反省を 吉田

 2017-04-18
こんにちは。中距離ブロックの吉田です。長距離ブロック長の高橋から回ってきました。
高橋曰く部活以外でも色々ノリノリらしいですが、決してそんなことはなく普段通りに過ごしています。できれば来年のこの時期にノリノリになっていたいものです。あと、部のエースでもないです。でも、そのように思われてるなら嬉しい限りです。

新入生のためにみんな自己紹介してるので僕もします。
名前・吉田悠人
学年・3年
種目・800m 1500mを中心
趣味や好きなことやもの
野球観戦・甘い物全般・梅酒・ももクロ(ジャージの刺繍は若干後悔)・ビリヤードなど
苦手・嫌いなことやもの
温泉たまご・裁縫・高校以上の数学

さて、シーズンが始まりました。
中距離ブロックはいいスタートが切れたのではないかとブロック長として思います。中でも片山は800mで自己ベストを約3秒も更新していてとても飛躍しています。なぜいいスタートが切ることができたのかと考えた時、僕はシーズン前の1〜3月の練習に大きな要因があると思います。

去年のシーズン前の練習いわゆる1月〜3月のことですが、去年のシーズン前の練習はレースペースよりも遅くどちらかというと基礎体力向上を重視した練習が多く、どちらかというと質より量という感じになっていました。そして、いざシーズンに入ってみると中距離ブロックは六大学対抗戦で1点も取ることも出来ず東海インカレ辺りまでは全くチームに貢献することが出来ませんでした。
なので、今年はその反省を生かして12月の東海学生駅伝までを基礎体力作りの練習。1月からは体力作りの練習ではなく、レースペースもしくはレースペースより速いペースでの練習を重視の練習という考え方で練習に取り組んできました。まだシーズンは始まったばかりなのでこの考え方が正しかったとは言い難いですが、シーズンインはいい出だしになりました。ブロック長として去年の反省を生かせたのは嬉しいです。
ここまで中距離ブロックとしての話でしたが、自分のことについて話したいと思います。僕は六大学から3週間試合が続きましたが、800mが1分55秒台・1500mが4分01秒台という記録を出しました。いい感じでシーズンは切ることが出来ました。東海インカレで両種目とも決勝に残る可能性が十分にあるタイムを出せたので、決勝が現実味を帯びてきました。東海インカレまであと約3週間ですが、ここでもう一回気を引き締めて練習に取り組みたいと思います。あと、片山に負けないように頑張ります笑

次は最近中距離ブロックの層が厚くなりそうで焦ってきているように見える青木に回します。よろしく〜
カテゴリ :中長距離 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫