1年生トップバッター 加藤

 2017-05-16
とうとう1年生にもブログを書く順番が回ってきました。時間が過ぎるのが早く感じます。僕はといいますと、入学式の次の日に寝坊して教務ガイダンスを受けることができず、PCガイダンスも自分の学部の時間に間に合わず、別の学部のガイダンスに30分遅れて途中参加して大恥をかくというハプニングから大学生活が始まり、この先どうなるのか心配でしたが、今では大学内で一緒に行動する友達もでき、部活の方も活動が本格化してきて、忙しいながら充実した時間を過ごせています。

では、自己紹介していきます。
名前:加藤 望(かとう のぞみ)
学年:1年
学部学科:人文学部人文学科
出身高校:愛知県立旭野高校
種目:400m、800m(新たに挑戦)
趣味:ギター
好きなもの:ゆず(歌手)、ギター、カラオケ、睡眠、ゲーム、野球、猫
嫌いなもの:チョコ、キャラメル、プリン、抹茶、勉強

1年生トップバッターということで、何を書いていいのやら全く分からないので、自分がどうして陸上部に入ったのかを書こうと思います。僕は中学・高校の6年間陸上を続けてきました。特に高校では鬼畜なメニューをこれでもかというくらいこなしてきたので、大学では自分がやったことのないスポーツの部活かサークル、または高校からギターを始めていたので軽音部に入部するか、少なくとも陸上は続けるつもりはありませんでした。もうキツイ思いをして走りたくなかったので(笑)しかし、今こうして陸上部に入部しています。僕は将来高校の教員になって陸上部の顧問を持つことが夢なので、それがきっかけではあるんですが、それでも陸上部に入るか迷うくらいでした。

ではなぜ陸上部に入ったのか。それは、高校の顧問の先生の後押しがあったからです。3月の下旬、ようやく大学の進学先が決定して高校に行って報告をしに行った時、顧問の先生に、
「お前は大学で陸上を続ける価値があるから続けるべきだし、続けてほしい。旭野陸上部出身の選手が大学の大会で一緒に戦ってるところが見たい」
と言われました。特に顧問の先生は僕がこの世で一番尊敬している方ですので、これほど心に刺さる言葉はありませんでした。

そして今、南山大学陸上部に入部して約一か月が経ちましたが、素晴らしい先輩方や一緒に走ったりキツイ思いしたり考えが全然一致しなかったり色々楽しい同級生に囲まれて、とても恵まれた環境が整っていてこの先とても楽しみです。
僕の目標は大学生活中に400mで東海インカレで上位入賞して得点を取り、マイルでも東海インカレの決勝で世にいう強豪校と戦って勝つことです。自分に厳しくし、追い込んで自分を強くし、先輩方に負けないよう食らいつき、チームに貢献できるよう、目標達成できるように頑張ります。

次は僕が大好きな根性論が大嫌いな樹生くんに回しますね( ´∀` )今後ともよろしくお願いします<(_ _)>

1年生トップバッター 加藤 の続きを読む

カテゴリ :短距離・フィールド トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫