不条理 稲垣建吾

 2017-03-19
こんにちわ、4年の稲垣建吾です。
春色のみぎり、皆様には変わりなくお元気とのことで何よりに存じます。

さて、私は今春から社会人として人生の夢の実現への第一歩を踏み出します。
それはさておき、月並みですが、南山大学の陸上競技部、引いては、陸上競技に身を捧げる全ての方々にただただ感謝の気持ちで一杯です。

陸上競技が最も私の人格形成に影響を与えた要因であるのは間違いありません。
ただ、陸上競技をやっていて楽しかった思い出は極わずかでした。
特に、陸上競技というスポーツの性格上、結果が客観的であるので常に緊張感を伴いますし、何よりも現実を突きつけられます。誤魔化しの効かない競技です。
だからこそ、素晴らしいのです。
陸上競技は努力した結果が数値としてダイレクトに反映されるので努力した「証」やその努力自体が「正しかった」かどうかが一目でわかります。
今後、社会に出ると、全ての結果が数値化されるとは限りません。それだけでなく、環境や、人脈、能力、運などの変数によって自分の努力の方向性が正しかったことがわからなかったり努力したとしてもそれが形として残らない場面に直面する機会はあると考えています。
つまり、より緻密に計算して努力しないとなかなか結果を出し続けるのは難しくなるのではないでしょうか。
よって、私は比較的結果に対する変数が少ないであろう陸上競技は自分と向き合い、自分を客観的に捉えて、以前の自分を超える結果を出す訓練としては最適なスポーツだと思います。
これで私も少しは陸上競技の普及に貢献できたでしょうか。
今後、社会に出ると、自分だけでなく、上記に挙げたような様々な要因を考慮して結果を出す仕組みを発見しなければならないと思うと今から疲れますね・・・。

ただ、私は陸上競技の方が結果を出しやすいと言ってるわけではありません。
どちらかというと先天的な身体的要素を必要とされる競技の方が結果を求めれば求めるほど酷な現実に突き当たると思います。世の中の全ての人間はなんらかの「結果」によって評価される以上シビアですし、そういう意識の元で自己研鑽されるべきだと思います。
誰もが努力しただけでメダルや表彰台に登れるわけではありません。しかし、それでも陸上競技を選ぶ人の中には腹の底では「好き」という気持ちがあるからではないでしょうか。
しかし、向き不向きと好き嫌いが一致するのが理想ですが、なかなか現実は逆のパターンも多く辛い経験をする方も多いのは事実でしょう。
つまり、なかなか自分の思うようにはコントロールできないことの方が多いのです。

私は大学時代というものを自分の行き方、方向性を決める期間だと捉えています。
無数に近い選択肢がありますが、私たちは1つしか選択できません。
もちろん好きなことがあるなら得意不得意に関わらず挑戦してほしい、と思う一方で、さほど努力しなくても結果を出すことのできる自分の得意な「才能」に時間やお金を投資し、開花させて、仕事に生かしていくというのも1つの戦略だと考えています。
正解はないので納得いくまで考えてください。

就活生並びに後輩の皆様の今後の活躍をお祈りしています。
最後に南山大学で陸上競技ができたことや皆様のご協力に今一度、感謝させて頂きます。



カテゴリ :短距離・フィールド トラックバック(-) コメント(0)

今年はNOサプライズ 土川

 2017-03-19
こんばんは! 卒業を控えたこの時期に人生初の肉離れを起こし下がったテンションを財布を新調することで何とかごまかした土川です。
前使っていたものは僕が19歳の誕生日に買ったもので気に入っていたのですがだんだん壊れてきたので就職前のこのタイミングに買い替えることにしました。これからは新たな相棒とともに頑張っていきます!
さてさて、いよいよこの陸ブログに登場するのも今回が最後となりました。まわしてくれたかわいい後輩が長文を期待しているみたいなので何とか字数を稼いでいきたいと思います(笑)

気づけば卒業式まであと1日となりました。僕の延長戦もこれで幕を閉じるわけです。。
この1年は本当にあっという間でした。衝撃の残留宣言に始まり、二度目の就職活動開始、バイトで+αの学費分を稼ぎつつ毎日部活に行く生活。自ら選んだ道とはいえ最初はとても不安でした。もちろん親とはかなり揉めました。滞りなく終えたはずの就活をもう一度し直すなんて普通に考えてありえないですからね。こんな手のかかる次男の意思を尊重してくれた両親には本当に感謝しています。普段はあまり親孝行ができていないので社会にでたら返していけたらなと思います。

もちろん後輩たちにもとても感謝しています。卒部式当日まで隠しておいたのに私の残留を受け入れてくれ、いつもと変わらないように接してくれた13~15生。そして4月から新たに入部してくれた16生。皆と接し、走ってきた毎日は幸せそのものでした。
それだけに悔やまれるのは、今シーズン選手として、先輩として引っ張ることができなかったことです。
部の三大目標である東海インカレ、上南戦、東海学生駅伝そのすべてで戦うことは叶わず、それどころかシーズンインから長期間調子を落とし続け、練習で吉田や片山の練習相手もろくに出来ませんでした。もはや西日本に出場したのは過去の栄光。何も還元してあげられない自分が素直に悔しかったです。

まあこの一年の振り返りはこのくらいにして…

「皆さんには目標がありますか?」

せっかくの4年間の大学生活(先輩は5年間でしたが)を私たちは陸上競技に捧げているわけです。全力を尽くさないのはもったいないです(もちろん頭は使ってね(笑))。全力でやった結果掲げた目標を達成できるのかと言われればそれはわかりません。ですがそれに対して挑む価値は十分にあると私は断言できます。部員が50人くらいいたら50通りの目標があります。
私の大好きなブルーのユニフォームを着た後輩たちが一人でも多く活躍してくれるのを楽しみにしています!!

所属は変わりますが私ももうしばらく陸上を続けます。大阪が練習拠点となりますが、大学時代よりも強くなって皆さんの前に立ちはだかることを誓いましょう。
吉田、片山、穂高!3人でもっと強くなれよ!!また本気の勝負しよう!

それでは皆さん4+1年間大変お世話になりました。
さようなら。

2012HA123 土川亮太
カテゴリ :中長距離 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫