20th anniversary 鈴木皓翔

 2017-02-23
ブログをご覧の皆さん。遅ればせながら、明けましておめでとうございます。今年に入って初めてブログを書くので、言わせていただきました。

さて、2017年はどんな年になるのでしょうか?実は私事ながら、2017年は生誕20周年を迎えます!ありがとうございます!ありがとうございます!このように生誕20周年を迎えられるのも、毎日家族のために汗水流して働いてくれているお父様、美味しいご飯を作ってくれるお母様、そしてこんなどうしようもない僕を相手してくれる仲間のおかげ様です。いつもありがとうございます。

昨年は、浮かれた気持ちで「何となく」大学に入学して、何となく大学生活を送ってしまいました。
高校生までは授業にしろ、イベントにしろ多くのものが与えられ、受け身の体勢で過ごしていても何も問題はありませんでした。しかし、大学生は授業は自分で何を履修するか考えないといけないし、どんな自分にこれからなっていきたいかを主体的に追求していかなければならない立場に置かれていることを痛感しました。それにもかかわらず、なんとなく授業を受けて、なんとなく部活に行って、なんとなくダラダラして…こんな生活をしていて、将来の自分は大きくなれるのだろうか。まず、自分はどんな人間になりたいんだろう。自分は何がしたいんだろう。そんな不安で今、いっぱいになってます。
ただ1つ分かること。この「なんとなく」をやめなくてはならないということ。もっと目的意識を持って過ごさねばならないなと思ってます。この勉強はこういった事に生きるかもしれない。とか陸上に関したら、ただ練習をこなすのではなくて、このメニューをこの時期にやる事はこのような意味がある。というように具体的な目的意識を持ってやらねばならないなと思います。

また、去年が自分の中で消化不良のイメージが強い一番の理由は、まだ全く結果が出せていない事にあります。去年のベストが1500mは4分30秒で5000mは17分26秒と、話にならないような結果です。なので第1目標として、これでもまだ遅いのですが、1500mは4分20秒台、5000mは16分台にいち早くのせられる様に、そしてこの目標となる記録が上回っていけるようにコツコツとやっていきたいと思います。

2017年の大晦日、自分で自分が変わったなと思えるように。そして、周りの方々から変わったなと思われるように。僕はいつも口だけは達者なので、口だけにならないように。そんな生誕20周年にします!
カテゴリ :中長距離 トラックバック(-) コメント(0)

近況   葭川

 2017-02-21
こんにちは、1年の葭川です。
2月16~19日に涙汗合宿があり、かなり練習をしました。合宿後半は少々無理をして走ってしまい、足の痛みが
ひどくなったような気がしますが、最後までやり切れたことに満足しています。陸上において、私が今一番
弱いところは短い距離での速さだと思っているので、今回の合宿での短い距離の練習(坂道ダッシュなど)は今後の
大会のために自分には必要だと大いに感じました。
私の今年の目標は怪我をしないことです。記録においては、目標は高く見積もったほうがいいと思ったので、
5000m走:15分台、10000m走:33分台にしました。レース中一切気を抜かず、ただ前を走る人を追い抜くことだけ
考えて走ることを、これまで通り続けていこうと思います。

最近、私はスマートフォンを買いました。ケータイ自体所持したことがなかったので、とても新鮮に感じてはいますが、
ただスマートフォンをすると、現代の技術の進歩を見せつけられているような気がしていやでもあります。人間は楽する
ことを追求し過ぎていると、改めて感じました。

次は皓翔に回します。
 
 
カテゴリ :中長距離 トラックバック(-) コメント(0)

勝負の年 髙橋

 2017-02-21
こんにちは、長距離ブロック長の髙橋です。春休みももう直ぐで1ヶ月が経とうとしています。来年は就活、再来年は部活を引退しているため、部活をやりながら自分の時間を多く確保できるのは今年だけです。時間を大切に春休みを過ごしていきたいです。
長距離は冬から現在にかけて基礎体力向上のために距離を積む練習をしてきました。昨年とは違い目標の時間を定めることでグダグダにならない工夫をしてきました。個人としてもチームとしても昨年より走りこむことができ、これからが楽しみであります。この前行われた涙汗合宿では長い距離の走り込みとヒルトレーニングを中心に行い、これからのポイント練習と試合に向けた準備をしました。新たに長距離ブロック全体で補強をするという新たな試みもし、天候にも恵まれ実りのある合宿となったと思います。合宿も含め冬場の走り込みで培った力を今後のスピード練習で発揮できるようにしていきたいと考えています。ブロック長として自分だけでなくチームのメンバーの状態にも気を配っていきたいと思っています。
また、幹部学年となり、競技面だけでなく仕事も責任を負うようになりました。外務の仕事をする中で思っていたよりも大変で歴代の先輩たちをより尊敬するようになりました。自分も来年は後輩にしっかりと教えられるように働いていきたいと思っています。

次は一年生の葭川に回します。

カテゴリ :中長距離 トラックバック(-) コメント(0)

邪眼系の黒歴史はないです 稲福

 2017-02-21
あきちゃんから回ってきたらボコボコにしてやろうかと思ったけど、ひろこちゃんだから許しちゃうてんまです。

みなさんは黒歴史を持ってますか?恥ずかしい記憶、思い出したくない過去は誰にでも1つはあるものです。僕は厨二病も経験したこともあり、思い出すだけでも変な汗がでちゃう記憶がそこそこあります。去年だけでも幾つかあって、例えば、
①英語できないのに英米を選択する
②なぜかかずまが南山にいる
③夏季合宿の記憶が曖昧
④10月の名古屋支部の200の記録
パッと思いついただけでもこれだけあります。今年は明るい思い出をたくさん作っていきたいものです。


①②③に関しては手遅れな黒歴史ですが、④のような黒歴史は二度と繰り返すことはないと思います。というのも、最近やっと調子が出てきました。正確に言えば、フォームがちょっとだけよくなりました。そもそも④の原因はフォームをいじっていたからです。高校の時からいろんな人からいろいろディスられたり、自分でも今のままじゃ中途半端な選手で終わるという自覚はあったので受験が終わったらフォーム改造しようと決めてました。当たり前ですが、体に染み付いた走り方から、新しい動きに変えていくことは、そんなすぐにできるものでもないし、タイムも必然的に落ちます。頭では理解できていても、200で23.5とか出しちゃうと俗世から離れて出家したくなる程度には心壊れました。
しかし、周りの人に恵まれたこともあり、たくさんの人からアドバイスをいただいたこともあり、おかげさまで今までの頑張りが形になりつつあります。実際、野末さんといい勝負ができるようになったり、凌先輩からいただいたスパイクも少しずつ扱えるようになってきました。
まだ足が流れていたり、つま先が下を向いていたりと治さねばならないことがまだまだありますが、伸び代がたくさんあると考えるとこれからが楽しみです。今シーズンは黒歴史ではなく、南山陸上史に残る記録、具体的に言えば200での十傑更新を達成していこうと思っています。

僕の黒歴史についてはこのへんにしといて、次は最近職を見つけて脱ニートを果たした鳥井くんに回したいと思います。初任給は焼肉でいいよ。楽しみにしてるね( ^ω^ )
カテゴリ :短距離・フィールド トラックバック(-) コメント(0)

そろそろ3月ですね 吉田

 2017-02-20
こんにちは。最近20歳になりました。こんな人が20歳でいいのかと思うほど、自分がとても色々な意味で幼く感じます。私事ですが、20歳の誕生日を迎えてからあまり良いことがなく、心配になって今年の運勢を調べたりしてます。どのサイトを見ても今年は結構良いことを書かれているのでこれから良いことがあると信じながら過ごしています(笑)

そんなことはさておき、そろそろ3月になりシーズンインが近づいていますね。僕は3年生になり勝負の年になります。高校時代は相次ぐ怪我に苦しみましたが、大学に入ってからは大きな怪我はまだしていません。3月はシーズンイン前のとても大事な時期なのでここで焦らずにコツコツと練習していくことが今一番大事なことだと思います。
800m.1500mはもちろんのこと5000mも去年初めて走ってみてそこそこ走れたので今年はまた10000mにも挑戦してみたいなと思います。

書くことがあまり思いつかなかったのでこの辺で終わります。(僕の前が片山の長文ブログなので僕はこれくらいで)
次は長距離ブロック長の高橋に回したいと思います。よろしくお願いします
カテゴリ :中長距離 トラックバック(-) コメント(0)

リスクと戦うここ最近 片山

 2017-02-20
皆さんこんにちは。
2月になり、あらゆることに挑戦しようと思い、苦手なアルコール克服のためにワインを買い、2月中に飲みきる目標を立てたものの、半分も飲めず、未だに牛乳やスポドリとかの方が美味しいと感じている片山です。

ブログを書くのはかなり久し振りですね。見返してみると、前回のブログは2016年10月12日に書いたので、今までのペースからしたら大分昔のように思えます。ということでとりあえずその辺りから最近までの振り返りと冬の目標などを書いていこうと思います。

10月
私「手術したらどれくらいで走れるようになるんですか。」
医者「痛くても足があれば走れるから。」
私「どれくらいでゴムは取れるんですか。」
医者「早くても1年かな。」
私「もうすぐ試合があるんですけど…」
医者「じゃあ終わったら手術しましょう。」
私(1年ってヤバくね…引退ものやん…やっべーどうしよ…痛いまま走っても絶対無理やん)
私「ちょっと考えさせてください。」

私(手術後のこと考えてもどうにもできんし、とりあえず試合頑張るか)

試合が終わり数日後
私(放置しても治らんし手術するしかないな。やだな~なんで俺ばっかりこんな手術しなかんのやて…)
私(授業的にも学祭期間に入院するしかないな…)

11月
入院、退院、通院。まともに歩けない、座れない、立てない。何かしようとする度に痛みを警戒しなければならない。アルバムに貼られる楽しそうな学祭の写真。LINEに貼られるチームメイトの練習の記録。迫り来るレポート。

12月上旬
なんとか色々と動けるようになる。部活にもかなり出られるようにはなる。チームメイトに会えるからやっぱり部活はいいものだ。傷口などに注意を払いながら、ゆっくりとjogをする。痛い。そして、そんな私を横からゆっくりjogする女子のチームメイトに抜かれる。速い~。後輩の成長に先輩としての余裕など1ミリもない。21才になるも特に良いことがあるわけでもない。色々な人に誕生日プレゼントをもらったくらいだろうか、良いことは。(誕生日にもらったとは言ってない)

12月下旬
jogのペースが女子に追いつき始める。この回復ペースならなんとかなるかもしれないと思いだす。流しも次第に始める。ただし女子に完敗する。クリスマスプレゼントになんでももらえるなら、健康な体が欲しいと本気で思う。もしくは、癒しが欲しいと思う。11月のレポートが前半の学科内で3人のみ通ったが、その内の1人になる。私は痛みをこらえてやってたのに…他人にレポートを見せてはいけないルールにしっかりと従うのであった。

1月
研究室が決まっていたこともあり、テスト勉強を始めるのが遅くなる。まぁなんとかなるやろ。通院し、ゴムが残り僅かとなる。痛みを警戒しなくてもよくなること、全力で走れることまでも確信する。これがテスト1週間ほど前のことである。走りたいがここへ来てテスト勉強の遅れが響いて全く時間がない。仕方ないので、駅から学校までの道のりをフォームを意識して歩く。高校時代から考えていた、ナンバ走りのコツを掴んだ気がしだす。安全に配慮し、廊下を走る。いける。グラウンドで走りたい。しかし時間は全くない。理工学部のテストの日程は、テスト時間が基本的に80分のため、午後になることが多く、20時に終わることも多い。次の日の対策を軽くして、家に帰ると22時だったりする。そして次の日のテストが始まるまでに仕上げる。テスト最終日、他の学部の人がLINEで最後の戦いに挑む宣言をしたり、戦いを終えて他の人を応援したりしている。理工学部のテストは終わらない。宣言をした彼のテストが終わる頃に私はまだテスト勉強をしてるだろう。そして私もテストを終える、終わった宣言をする。もう遥か昔におわった彼らにはもはや興味などない。不遇だ。明日から部活だ。やっと走れる。こんなに部活が待ち遠しいのは初めてだ。

2月
なぜか、私のブロックの生き残りが私だけになる。去年の反省から新しいことに挑戦したりと忙しい。急に走れるようになったものだから、呼吸器官の調子が悪い。それでも走れることが嬉しい。そして、ナンバ走り的な走法が面白い。色々なことに挑戦してるからか、去年はなんとなく感じていた日々を無駄にしている感じがしない。充実している。あとは結果がついて来ればと思う。涙汗合宿もあった。俺が一番頑張ったと思えるくらい頑張った。

こんな感じです。

冬の目標は、

2016年度シーズンにも感じていたスタミナの強化とナンバ走り的な走法の完成

です。冬の序盤にスタミナ強化ができなかったので、新フォームで走りながらスタミナをつけます。ただ、やはり序盤に練習を積めてないので、土台を固める期間を延ばそうと思ってます。春は出遅れるかもしれませんが、そこは得意技の言い訳で「手術したから」で逃げ切ります。それでもいける気がしてます。もう10月、11月のように先行きの見えない頃とは全く違い、希望の光が射し込んできました。走れるようになるまで1年と思ってましたが、1年立ちました(笑)走れるのは1年後と言ってしまっていたお陰でネガティブ発言(今日は調子よくないなど)をしても信じてもらえません(笑)こんな自分でも期待してもらえてるのかな~。ありがたい限りです。また、今まで心配をお掛けしてしまった皆さん、すみませんでした。怪我などをしない程度によりいっそう頑張ります。

それでは、吉田ブロック長のブログを期待して待ってます。
カテゴリ :中長距離 トラックバック(-) コメント(0)

今できることを 青木

 2017-02-13
こんにちは!最近近所のネコを撫でまくってるネコ大好き青木が、更新の滞った中長距離ブログを潤しにやってまいりました!早いものでもう2月も半ば、今週からの涙汗合宿でますますレベルアップしていきたいところです!

いきたいところです…

いきたいところなのですが…

部員の皆さんはご存知のように、今僕は左ヒザの怪我に悩まされています。「腸脛靭帯炎」といういわば陸上選手の職業病で、去年の春先も右ヒザでやっています。発症からもう1か月になりますが、普段の生活で歩くのが平気だったとしても、走りだせばものの10分足らずで階段や上り坂が登れなくなるほどの痛みに襲われます。最近は「10分走って1週間レスト」みたいな感じで話になりません。そうこうしているうちにシーズンインがどんどん迫ってきますし、周りのライバルたちのことを考えると焦りは募るばかりです。

かといって、当然下向いてばかりいるわけにもいきません。冷静に考えてみましょう。走れなくとも、部活や自分のためにできることがたくさんあります。筋トレ、マネージャーの手伝い、カメラマンなどなど、.こう考えてみればボーっとしている時間なんて一時もありませんね。第一、周りが一生懸命やっている中で自分は何もしないだなんて、申し訳なくて耐えられません。

「今できることを」一生懸命やる。これが今の自分に与えられた仕事です。先の見えないことを考えても仕方がないので試合やらシーズンのことは当分忘れることにして、今できることをしっかりやっていこうと思います。

とまあ、少々暗くなってしまったので話を変えて、先日の16会で幹部補佐が決まり、僕は広報係を担当させていただくことになりました!早速南山陸部公式Twitterという仕事を半ば強引にいただき、どうすればこの部活の魅力を写真4枚と140字以内の文で表現できるか日々模索しています!陸上部のいろいろな一面を発信していこうと思うので、部員の皆さんどうかご協力を!HPやTwitterで、少しでも南山陸部に興味をもっていただければ幸いです!

それでは改めて、吉田先輩ブログお願いします!きっとネタもなくお困りのことと思いますので、昨日の練習試合でホームランを2本も打った中日ドラゴンズのゲレーロ選手について何か一言!
カテゴリ :中長距離 トラックバック(-) コメント(0)

シャンディガフ 柴田

 2017-02-10
お疲れさまです。「ブログ回したけん、よろしく頼むばい😊👍」とブログば回してもろうたけん、きばって書きますけんね。
ヒラリー・クリキントン大好き、一発ギャグよりものまね派の柴田です。
ブルゾンちえみを習得したいものです。
アルバイトを始めて約2ヶ月。店内にはハイカラな単語ばかりが飛び交います。モルタデッラ、パテドカンパーニュ、スキクイーン、エスカベッシュ、ビアンコとロッソ、ピニャコラーダ…「なんだねそれは」という感じです。未知の世界に興味を持ち、少しずつお酒の勉強をしています。
お酒は水やジュースで割って飲むことが多いです。例えば、ウォッカをジンジャーエールで割るとモスコミュール、オレンジジュースで割るとスクリュードライバー、ビールをジンジャーエールで割るとシャンディガフ。ジュースによって本来飲みにくいお酒も美味しく飲みやすくなります。(決して飲んだとは言ってません。)
それは陸上と似ていて、陸上は技能だけでは成り立たず、続かないと思います。どれだけきついメニューでも、「ラストだよ!頑張ろう!」「ファイト!いけるよ!」と励ましてくれる仲間がいるから頑張れます。それに、目標を持って全速力で走る人たちや、脚がおつりになられるくらい頑張る某先輩を見ると、自分ももっと頑張らなきゃ!と気合が入り、頑張れます。
ジンジャーエールがあるからこそビールを美味しく味わえるし、仲間がいるからこそ最後の1本、最後の10mを走りきることが出来るのだと思います。
そう考えると南山の陸上部に入った私は恵まれてるなぁ、と素直に思います。家族や友人に自慢してしまうほど先輩方に本当に良くしてもらって、練習中励ましてもらって、先輩方にも16生にも元気をもらって楽しませてもらってます。まだ1年生だけど南山の陸上部に入って良かったなぁ、と思います。
冬季練習が続きますが、精一杯メニューをこなし、自分が苦しい時でも周りの人たちを気遣える人になれるように成長していきたいです。まずは風邪からモテないように気をつけたいと思います。
次は走りも口の悪さも絶好調な天馬くんに回します。怒らんといてねー。よろしく!
カテゴリ :短距離・フィールド トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫