悲劇 森

 2016-11-29
おはようございます。
何故か山本にピアノを弾く姿を見たいと要望された森です。ピアノを弾けるなどと一度も言ったことはなかったんですが…まぁでも親がピアノ教室を開いていた関係で自然と絶対音感が身についちゃったていう小話はありますが...

シーズンも終わり、冬期練習が本格的に始まってきました。この冬期練習は僕にとっておそらく最も大切な練習となるでしょう。というのも今シーズンは怪我に悩まされ、全く走ることができず、非常に悔しい思いをしました。そんな中で秋季大会、支部では多くの短距離部員が自己ベスト更新、10傑更新を達成したことが、涙が溢れるほど嬉しかったです。と同時に自分も走りたいという思いも一層強くなりました。
しかし「冬期練習では皆を引っ張っていきます!」と短距離ミーティングで宣言したその日に悲劇は訪れました。アクティブレスト中、感じたことのある痛みに襲われました。まさか、そんな、このタイミングで、信じられませんでした、深呼吸をしました、あー痛い、そのまま八事日赤病院に直行。レントゲン撮影の結果、案の定肺から空気があふれ出ていました(再発)絶望でした。ただ医者に2週間安静にしたら、全力で走っても良いと言われたので微かな希望が見えました。
ところがどっこい、約3週間後、家でゴロゴロしてたらまたあの痛みが襲ってきた。いやいや、まさかね?、深呼吸しました、痛い、そのまま八事日赤病気に直行。レントゲン撮影の結果、案の定肺から空気があふれ出ていました(再再発)。オワタって感じでした。
次再発したら再再再発って前前前世みたいやなwとか面白くない冗談で自分を励まそうとしましたが、元気など出るはずもなく、あえなく手術することを決意しました。お見舞い行くわ、と言っていた貴哉は来ることなく手術は終わり無事に退院しました。
明日からフルスロットルで走れそうなので、走れることに感謝をして冬期練習に突入していきます。
僕は絶望の先には必ず希望があると信じています。なので今シーズン振るわなかった短距離部員は来シーズンに希望を持って冬期練習に臨んで欲しいと思います。

絶対音感のくだりは嘘です。笑
次はお見舞いに来る来る詐欺の貴哉に回します。
カテゴリ :短距離・フィールド トラックバック(-) コメント(0)

光あれ/蜂谷

 2016-11-29
こんばんは、蜂谷です。

先週のポイント練習を経て、駅伝まででやることはほぼ終わりました。あれが最後のポイント練習になるかもしれないと思うと、さびしいものです。秋一試合目の名古屋支部で10000mに出場し、あまりの走れなさに今年はもう無理だと本気で思いました。走っても走っても感覚が戻らず、ずっともがき苦しんでいましたが、最近になってきついポイント錬もこなせるまでに戻ってきました。最後の駅伝強化では自己ベストを狙いに行きましたが残念な結果に終わりました。それでも練習ではしっかり走れているので心配はしていません。駅伝では自分の全てを出します。

ずっと前のブログに「かがやく」という題名で自分を鼓舞しましたが、試合結果からして達成できませんでした。最後の駅伝で、皆が私を明るく照らし、走る力を頂けたらありがたいです。南山大学陸上競技部の皆さん、当日は力を貸して下さい、応援・サポートの程よろしくお願い致します。

私からは裕貴に回します。頼んだ!
カテゴリ :中長距離 トラックバック(-) コメント(0)

まだ眠る可能性無限大だ。 鳥井

 2016-11-25
ちょっと前まで体調を崩していた鳥井です。ここ数年風邪をひいていなかったので驚きましたね。
陸上の話題は正直触れたくないですね。果たして今何部にいるのかわからない状態です笑 怪我に関してはいつ治るのかわからないので手探りで練習してます。少しは走れるようにはなりました、30mとか...ただ全力で走るのにはまだまだ多くの時間が必要だと思います。現役を退くことも考えていたりします。自分が今までやってきた中で大事にしている気持ちが途切れた時がその時だと思います。今の自分は、治ったら見返してやるぐらいの強い反骨心が支えてくれています。まだやり残した事がたくさんある。夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし、ゆえに夢なき者に成功なしという言葉を胸に、ちっぽけな夢かもしれないけど走れるようになるという夢(目標)に向かって頑張っていきたいと思います。
次のブログはてんまに回しますー
カテゴリ :短距離・フィールド トラックバック(-) コメント(0)

東海学生駅伝 上田

 2016-11-22
こんばんは。上田です。寒さが一層厳しくなってきました。体調を崩さないように気をつけていきたいです。

先日の駅伝強化で、駅伝の選考が終了しました。一人一人が今回の駅伝強化をどのように位置づけていたかは様々だと思いますが、私にとっては非常に重要な試合でした。今年の秋の試合では、3000mSCに重きを置いており、また自身の怪我もあったので5000mを回避することが多くなり、5000mの公式戦はこの駅伝強化の1本となってしまったからです。ここでタイムを出せなければ駅伝も厳しくなると思い、自分の中で危機感をもって臨みました。結果はなんとか15分台で走ることができて、決して調子が良くない中でここまで走れたので、まあ良かったと思います。ですが、どんな状態であっても試合は試合なので、吉田や高橋に負けてしまったことはやはり悔しいですし、もっと頑張らないといけないと思いました。

駅伝まで残りわずかになりました。4年生の先輩方と走れるのはこれが最後になります。お世話になった先輩方に感謝の気持ちを持って走ります。また、出場の叶わなかった女子のメンバーや選ばれなかった選手の分も全力で走ります。当日はドライバーをはじめサポートの短距離の皆さんやマネージャーの皆さんには多くの力をお借りすることになります。長距離部員全員ベストを尽くして頑張りますので応援の程よろしくお願いします。

次は蜂谷さんに回します。よろしくお願いします。
カテゴリ :中長距離 トラックバック(-) コメント(0)

逃げるは恥だが役に立つ 山口 輝

 2016-11-22
こんにちは、営みの街が消えたら色めく季節となり、徐々に寒さも厳しくなってきています。冬季練習も徐々に強度があがり本格的な走り込みシーズンの到来を感じる、そんな今日この頃です。

まずは、僕自身の最近の話をしたいと思います。
最近、自分は寺籠りの修行僧なような気がしています。なぜなら、最近の僕の1日にリラックスタイムと呼べる時間が取れていないからです。例をあげます。私の平日は朝起きる事から始まります。そして、モコズキッチンを見てから学校に行きます。もちろん、しっかり夕方まで勉学に勤しみ、そこから部活をします。これで終わり、と思われた方、僕の1日はまだ終わりません。ここから、私はバイトに行きます。バイトでみっちり働いて、そこから課題や家事をします。これでようやく1日が終わります。
さすがに試合が近づいてくると、このような生活はしませんが。(笑)私はなぜここまで、追い込むのでしょうか??それは正直私もわかりません。「短長だから追い込むのが好きなドM体質」という事にでもしときましょう。

さて、そろそろ陸上の話をして行きましょう。今シーズンの僕は全くと言っていいほど何もできないままシーズンが終わってしまいました。正直、夏場くらいには高3の頃のベストタイムが出せるだろうと踏んでいたのにうまく行きませんでした。インターハイに出ていて期待されていたのに、その期待に答える事が出来ず、本当に悔しいシーズンとなりました。では、なぜ不遇のシーズンとなったのか、自分なりに考えてみました。それはやはり、自分の中に「そのうち出せるから大丈夫!」という逃げの心があったからだと思います。そのため、先輩からも「いつになったら体戻るの?」と聞かれ、僕は「夏には!」「秋には!」とどんどん下方修正して答えてしまっていました。その甘えた逃げの心がやはり1番行けなかったのだと思います。ですが、このように逃げた事は恥じですが、自分のダメであった所が分かったので役に立ちました。

僕は精神論至上主義の人間であるので、とにかく走りこめば走り込んだ分、結果はついてくると思っています。今までもそうやってきました。もちろん、ある程度考えて走ることも大事だとは思いますが、色々考えて悩みこむ事の方が結果に中々繋がらないと考えています。胸の中にあるもの、いつか見えなくなるものです。したがって僕の冬季は、しっかり土台を作り直すべく走り込み、春はベストバンバン出せるように頑張ります!!
冬季を超えてゆけ🐤🍀

次は今年はファイターズが優勝してウハウハだったのに、現在逆流性食道炎で苦しんでいる鳥井量平くんにバトンパスします!!
カテゴリ :短距離・フィールド トラックバック(-) コメント(0)

秋休み終了 山本

 2016-11-20
「スパイクを履こうとしたら、袋の中で飼っているセキセイインコの羽がふわふわしていました。」
上の文章は今週の金曜日の練習に行く前に家の中で僕が見た光景です。セキセイインコの換羽の時期なのかな?と思う前に、今まで羽があることに気づかない状況だったことを思い出しました。8月に怪我して以降、スパイクを使っていない為、手入れをしていませんでした。故にスパイクの存在をずっと忘れていました。
先週あたりから久しぶりに短距離の練習に復帰しましたが、走ることは大変ですね。

このように前回のブログから、何もしていないため陸上に関することで書くことがありません。困ったので昔話をします。
春学期、僕は一度だけ授業を休んだ日があります。その日の一限は英語の必修科目だったのであまり休まない方がよい授業ですが、ある事情で欠席しました。それは前述のインコを動物病院に連れていくためでした。朝起きた時にいつもと様子が違うけど、餌は食べていたため命に別状はないと思い、出発しようとしました。一瞬みせた鳥の表情が悲しそうだったので、これを無視して学校に行くことはすごく悪いことのように感じました。帰ってきて亡くなっているのと、病院に連れていき亡くなるのなら結果は同じだとしても後悔するのは何も行動しない方だと思い、決心し行動しました。その後医者からもらった薬によって体調も回復し、今は元気です。ちなみに年齢は4歳以上ですが、正確には知りません。肩に乗り、話すこともでき素晴らしい能力を持っていますが、歌を歌うと音痴です。誰に似たのだろうか…。
この時少しの違和感で行動を起こし病院に連れていったのに、自分の足の肉離れのときは決断が遅かったので後悔する結果となってしまいました。今できることをしないといつか後悔すると思うので冬季練習は夏と秋にできなかったことを含めて中身の濃い練習をしたいです。

9月以降、時々マネージャーの仕事を手伝うこともありましたが、タイムを計ることは大変だと気付きました。計測してもらうことに対して感謝の気持ちを持ち続けようと思いました。何回か使用しストップウォッチの使い方を覚えたので、憲法は教えられませんが計測は手伝いますよ万代さん。
三重県民から回ってきたので、僕を挟み、また三重県民にお返しします。次は光輝先輩よろしくお願いします!ピアノをひく姿を一度見てみたいです。




カテゴリ :短距離・フィールド トラックバック(-) コメント(0)

おでんの具は大根が1番 吉田

 2016-11-16
最近寒くなってきましたね。温かい食べ物が美味しい季節になりました。土川先輩がおでんの具はたまごが1番と言っていましたが、間違いなく不動の1番は大根だと思う吉田です。

余談はさておき、先週の土曜日に初めて5000mに出場しました。自分の中では3000m以上は未知の世界だったので走る前は不安でした。レースが始まっても2000mまではどうやって走れば良いのか迷走しながら走っていました。2000m~3000mでようやく5000mのレース感覚がわかってきて気持ち的に楽になりました。記録は15分35秒00で自分の狙っていた記録より20秒くらい速かったので驚きました。
やはり体調が良かったのがいい記録に繋がったと思います。名古屋支部の時は風邪をひいてしまい800m.1500mともに自己ベストを出せませんでした。

これから駅伝など大切な大会があるので当たり前と言えば当たり前なのですが万全な体調で臨みたいです。
次は走る前までは5000m17分かかると言いながら結局15分台で走った上田に回したいと思います。
カテゴリ :中長距離 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫