あと8日‼︎

 2014-11-30
駅伝まで、あと8日‼︎
私が長距離に移行してから4ヶ月が経ちました。
最初は慣れない練習に、やっていけるか不安なときもありました。
そんなときに、いつもサポートしてくれる仲間の存在が、私の力の源でした。

去年の男子東海学生駅伝を応援して、選手の人の意気込みを聞いて感動していました。
しかし、今年まさか自分が女子駅伝の一員として出ることになるなんて本当に思ってもいなかったことです。
短距離から移行し、快く受け入れて下さった長距離の皆さん、本当にありがとうございました。

駅伝まで残り8日になりました。
女子では初の東海学生駅伝。緊張と不安があっても、時間は待ってくれません。
後は、ただ今までやってきた自分を信じ、仲間を信じて挑む事だと思っています。
そして大事なのは身体です。残りの8日、風邪を引かず体調万全で挑みたいと思っています。

次は、彩乃先輩よろしくお願いします!
カテゴリ :短距離・フィールド トラックバック(-) コメント(0)

挫折は過程     都築

 2014-11-29
こんばんは。都築です!
駅伝まで残りわずかですね! 風邪を引かないように気をつけましょう!

題名が智也先輩と被ってしまいましたが、挫折は本気でなにかに取り組んでいる人を強くするんだと最近思う出来事がありました。

高校時代同じ部活の仲間であり自分と大学受験一緒に頑張ってた友達なのですが、その友達の大学の第一志望が明治大学。 理由はキャンパスライフをエンジョイしたいから、、、、
見事に入試に落っこち第一志望には程遠い大学に進学することになりました。
ここまでは周りに三人にひとりはいそうな大学生なのですが。。

そんな彼が大学一年の終わりに簿記試験のために会計の勉強をしだし、会計のプロフェッショナルになりたいとさらに勉強し始めました。
そしてつい先週、三年次在学で公認会計士試験に合格し大手の事務所に就職内定をもらったそうです。

スポーツと勉学、相反する分野ですが目標に向かって努力できる人間が目標を達成することができるのかとひしひしと思いました。
駅伝においても同じで襷をつなぐという目標のためにいまの自分がどれだけ頑張れるのかを日々思いながら生活してきました。
食生活を直し、早めに寝る。 このような基本なことから練習の取り組みまで目標の達成のために見直してきました。
いま私はこの襷をつなぐというシーズン前からのチームの目標を達成するために当事者として挑戦できる権利を得ることができました。この権利を固有な権利として所有できなかったからこそ見えるものもあり頑張れたのかなと思いました。
あくまで今までの大会は通過点に過ぎずこの目標のためにやってきたといっても過言ではありません。
駅伝にすべてぶつけます!

次は中野に回します!
カテゴリ :中長距離 トラックバック(-) コメント(0)

あと13日。   深津

 2014-11-24

こんばんは。
この前秋になったなと思ったばかりな気がするけど、もうあと1週間で12月です。
早いものですね。

さて、ついに13日後は駅伝でございます。
正直に言うと、今、私の中ではうきうきする気持ちとか、「やってやるぞ!」っていうような前向きな気持ちとかよりも、不安な気持ちが勝ります。
怪我、体調不良で長らく走れない日が続きました。
みんなはいっぱい練習を積んでいて、どんどん速くなっているのに、自分だけは遅いまま。
何にも楽しくなかったし、ちょうどその時、同学年の仲間が辞めていってしまったりして、気持ち的にも体も最悪でした。

でも先週、やっっっっとポイント練に参加したとき、体は動かなかったしタイムも全然だったんですけど、走った後すごく爽快で、すごく気持ちよかった!!!
全然速くはないし、中学・高校と陸上をやってきて目立った成績なんて何も残してないけど、私は単純に走ることが好きなんだなあと思いました(照)
初めのほうに書いた通り、今は不安の方が大きいですが、本番では自分のペースで、思い切り楽しめるといいな~!

それから、どんなときもずっと背中を押してくれる先輩たち、応援してくれる仲間たちにも感謝の気持ちを持って走りたいです。
高校時代の顧問が言っていた言葉で、今でも覚えているのは「ラスト400までは自分のために走れ。ラスト400は周りへの感謝を込めて走れ」というもの。
この駅伝を走らせてもらえることに感謝して、残り13日、全力でいきます!!!

つたない文章でごめんなさい。
次は理沙先輩、お願いします!
カテゴリ :中長距離 トラックバック(-) コメント(0)

誰よりも…! / 山田恭介

 2014-11-20


「がんばれよ、頼んだぞ」


駅伝強化終了後のミーティング、メンバーが発表され、ある先輩が僕の肩をポンポンとたたきながらそう言いました。
なんだろう、すごく重いものを感じました。なんとも表現できない、何か熱いモノが心に伝わってきました。
なんか、その先輩の、全てが託されたような気がして、なんでかわかんないけど、なんだか涙が出そうになりました。


その先輩に限らず、先輩達の「姿」を僕は見てきました。走ってる姿、頑張ってる姿、チームを引っ張っていく姿、一部分ではあるかもしれないけど先輩たちの「姿」を見てきました。

あの先輩、あんなに走ってるのか。
あの先輩、あんなに頑張ってる…
あの先輩はあんなにいろいろ考えているんだな。
先輩たちは僕の中で大きな目標であるし、憧れだし、尊敬すべき大きな存在だといつも思ってます。

自分よりも努力してるし、一生懸命だし、なにより駅伝に対する気持ちが強い…


そんな先輩方ではなく自分が走ること、本当にいいのだろうか、と思ってしまうときがありました。


秋季大会後のミーティングである先輩がコソッと、僕がメンバーに入ってることを教えてくれた時、そのことばっか考えてました。自分で本当にいいのか、と。


けど、そのとき思いました。


自分がやるべきこと、それは



誰よりも努力すること!
誰よりも一生懸命にやること!
誰よりも強い気持ちでいること!!
誰よりも…!!!
そう、誰よりも!!!!



全てにおいて、誰にも負けないつもりで、全力で走ること、それが今やるべきことなんだと思いました。


それから1ヶ月経った駅伝強化、ようやくタイムが戻ってきて、自分のメンバー入りが確定しました。けどその日、ある先輩に肩を叩かれたことでアルことに気づきました。


僕には先輩たちの全てが託されてるんだな、と。


本当は先輩たちも思うことたくさんあると思うんです。それでも、僕の前ではそれを見せずに応援してくれる。

僕は、きっと、先輩たちの「心」、数知れない努力、全てが自分に託されてるんだと思いました。

だから僕は全力で走り切ります。全てを背負って。失敗は許されません。失敗するつもりはありません!勝ちます!誰にも負けません!!!チームのために!!


あと18日、最後までもがいてもっともっと強くなります!!
我武者羅に。
今でも周りが頑張ってる姿見ると感じるものがあります。けど、僕はそれ以上に頑張るのみです!!!



(恥ずかしいですがこれが心の中の本音です。気分を害してしまったら本当に申し訳ないです。ごめんなさい。)


つぎはリオ先輩にまわします!!
カテゴリ :短距離・フィールド トラックバック(-) コメント(0)

挫折が人を強くする 山田智

 2014-11-18
こんばんは。
卓磨からブログを回してもらったおっきい方の山田です(笑)

最近になって、ずいぶんと冷え込んで来ましたね。元々、指先が冷えやすい私は今の時点で練習中に指が冷たくなってしまっていて、これから本格的な冬が来ると思うと、その寒さに指が耐えれるかどうか心配です…。まあ、走っている間は指を動かすという事はあまりないので問題はないのですけどね。


では、あと19日後に控えた中長距離の目標である東海学生駅伝について書かせてもらいます。
私は自分が一年生の頃からこの駅伝を走らせてもらっており、早いものでもう4回目となってしまいました。この駅伝を走る事によって少しづつではありますが、自分が成長出来るような経験をさせてもらいました。特に一年生の頃に走らせてもらったことが自分を変えるターニングポイントとなりました。その頃の自分は、実力的にも力不足であるにも関わらず駅伝を走らせてもらうこととなり、自分が走ってもいいのだろうかと不安に思っており、自分の力に自信が持てていませんでした。その結果、走りきった時の記録は散々なものでした。もうこんな思いはしたくないと強く思いその気持ちをノートに書き留めました。そこからは、足が重い時でも外に出て走る努力を続けられるようになりました。そして、春の最初の大会では自己ベストから始められ、そこから着実にタイムが伸びていきました。

このような経験から、私は人が成長するためには「挫折」が必要だということを思いました。大抵うまくいっているときというのはあまり深く考えずに、練習に対する思いも弱くは無いですが強くもないものですが、挫折をすることで、今の自分をしっかり認めることができ、そこから上に上がるために必要な努力が出来るようになるからです。

そう言ってる私は夏休み頃に部活に戻ってきて、苦しい夏合宿を耐えた後の試合では満足のいく結果を出すことが出来ず、特に秋季大会の10000mではかつての自分より1分も遅く走ってしまい、今年はベストを出せないのでは無いかと思っていましたが、一週間後の名古屋支部では、身体の疲労を極力流すように努めた結果自己ベストを更新することが出来ました。ここまでは良かったのですが、11月の駅伝強化では更なるベストの更新を狙いすぎて力んでしまい、途中で失速してしまい、大学最後のトラックレースは悔しい結果で終わってしまいました。

ここでの悔しさを糧にして、東海学生駅伝では悔いの残らないレースをするために1日1日を大切にして、調子を上げていきたいと思います。

では、次は恭介と深津に回します。
カテゴリ :中長距離 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫