無題 安田

 2014-06-28
最近ラブライブに興味を持ち始めた二年の安田凌です。
ワールドカップはドイツを応援しております。

今シーズンは上南戦のOPを含め、四本の100mと二本の200mを走りました。
全5本、非常に情け無い結果でした。あらゆる面で実力の低さを痛感し続けたシーズン前半でした。
当然、このまま終る気は欠片も無いです。
四継はこいつがいないと、そう思われるくらいの選手になりたいです。全力で上をぶち抜きます。

次はりさ、お願いします。
カテゴリ :短距離・フィールド トラックバック(-) コメント(0)

目標の大切さ 稲垣

 2014-06-19
これまで陸上を続けてきて目標を設定することの大切さを知った
自分が実現不可能であろう大きな目標を立てても、心の中では正直無理だろうと思ってしまう
たとえば仮に自分が10秒5を切って全国大会に出場したいといってもそれは現実的でないし、本当は不可能なことは自分が一番よく知っている。逆に壁の高さに圧倒されモチベーションも下がってしまう。結果達成できなくても、まぁこんなものだ、と思って悔しささえ湧き上がることはない。それでは面白くない。
逆に設定を低くしすぎて簡単に達成できる目標は一見、モチベーション維持に役立ち、日々の練習に対する達成感を与えてくれるかもしれないがこれも面白くない。どんどん設定の敷居が低くなっていき、成功できそうな挑戦しかしなくなる。負けの味を知ることも大切なのではないだろうか?
自分の身の程を知り、達成できるかできないか、手が届きそうで届かないくらいの場所を見据えること。そういう場所を目標にすることで日々の練習に気合が入る。どうしたら克服できるのか考えるようになり、毎日が楽しく思える。もちろん達成できなかったときの悔しい。しかし必ず次につながる。苦しくなってから自分の真価が問われる。勝負の世界はシビアで結果がでなかった選手には努力が足らないといわれるが、努力など成功者の結果の理由づけに過ぎない。それよりも全力で物事にぶつかることの方が大切な何かを見つけられる。見える景色も違ってくる。以上です
次は安田くんお願いします
カテゴリ :短距離・フィールド トラックバック(-) コメント(0)

瀬戸のトレーニング/ 支部長

 2014-06-19

3回目にして初めてブログを書きます。


みなさん、恋してますか?


僕は筋肉に恋してます。貢ぐ系男子なので毎日、ウエイトはもちろんサプリメントやマッサージなどで彼女に振り向いてもらおうとしていますが、何ゆえわがままなのですれ違い日々を過ごしています。愛深き故に愛を捨てようと思い、K氏のように骨と浮気してバランスを得ようと思いましたが、僕は”1度出会ってしまった関係なのだから”という言葉に勇気づけられ変わらぬ愛を注ごうと決心しました。また日々の生活の中でまた新しい関係を探しています。

どうも僕です。今回は瀬戸のトレーニングを紹介します!

瀬戸支部短距離の目標は「超人化」です。総合的なトレーニングを行いグランドで走ろうというコンセプトがあります。
瀬戸の利点は立地です。山や坂など高低差が激しく、体力トレーニングや平地を走るのとは違った負荷を得ることができます。グランドもありますがそれよりも多くの場所を移動して練習することが多いです。

例えば先日は大学からjogで15分ほどの山道と広い芝生のある公園で練習しました。芝生なのでjump系やrunなど多くこなせます。また山道は足場悪く細かいアップダウンが激しいため有酸素や体力作りにはもってこいです。


また鏡のあるトレーニングルームや
階段、良い傾斜の坂などなど環境が素晴らしく最近でもメディシンや砲丸を用いて投げるトレーニングも進めています。


初めて瀬戸を訪れた時ガッカリしましたが、多くを見つけて行くうちに恵まれた環境で練習ができていることを知りました。これからもいい練習ができるように試行錯誤したいです。ぜひ瀬戸で一緒にトレーニングをしたい方はお声をかけてください!


次は僕も稲垣くんを指名します。
カテゴリ :短距離・フィールド トラックバック(-) コメント(0)

2年目/廣瀬

 2014-06-19
こんにちは
今年ももう半年が経ちましたね。時というものははやいですね。 大学に入って始めた陸上が2年目に突入しました。記録がなかった昨年は出るだけでベストでしたが、今年はベスト更新という壁にぶつかる年となりました。

まずシーズンインから今までのレースについて振り返りたいと思います。今年は800mで1分台を目標にしているのですがシーズン初めのレースでは気負いすぎて普段通りの力が出せず周りに流されながら走るという展開になってしまい全く自分の力が出せませんでした。しかし、この反省を生かして東海インカレでは自分の思っていた入りができ何とか後半は粘るという形がてがきてベストが出ました。さらに6月の支部でもまたベストが出ました。明らかに試合経験というものが必要だと実感しました。もっと走って上手いレース展開ができるように練習から意識していこうと思いました。

今中長は今月末に行われる全日予選のため長い距離の練習へとシフトしています。初めの10000mということで走れるのかとても不安です。最近コンディションが良くないため練習についていけてないですが、ベストコンディションで挑めるようにしっかりと調整していきたいと思います。応援よろしくお願いします。

次は前田お願いしまーす!
カテゴリ :中長距離 トラックバック(-) コメント(0)

復帰/中野

 2014-06-15
こんばんは。
錦先輩からまわしてもらいました中長ブロック二年の中野です。

最近怪我から復帰することが出来ました。自分が次に出場するレースは今月末に行われる全日本大学駅伝予選会です。復帰したといっても自分の調子はまだまだ戻ってきていない感じです。予選会まで出来るだけ調子を戻していき記録の方は狙っていけないと思うので、少しでも自分の課題が見つかるように次の自分につなげていける走りをしていきたいと思います。

このレースを出場したらこれからは練習を積んでいく日々が続いていきます。今年の自分の中での最大の目標は東海学生駅伝6位入賞です。前回があまりに悔しい結果で終わってしまったので、前回流した悔し涙を今回は喜びの涙として流せるようにこの目標だけを見据えてしっかり今年の夏練習に取り組んでいこうと思います。

それでは次は廣瀬くんお願いします。



カテゴリ :中長距離 トラックバック(-) コメント(0)

本質を見極める 可知

 2014-06-15
おはようございます。

題名は私の高校の恩師の言葉です。
私は高校の時にはどういう意味なんだろう?と思っていましたが、大学に入学して2年目でほんの少し理解できたかもしれません。

先日、その先生の所に話をしに行った際、私が大学に入ってからいつも注意されてきた、走る中で短所だと言われてきたある特徴をその先生に相談すると、先生は「それは君にとってはいい所じゃないのかな?」とおっしゃっていました。それから僕の考え方は変わって、少しずつですがいい方向に向かったと思っています。

自分の感覚を大事に、一つでも多くの本質を見極めることができるようこれからも地道に、地味な所でがんばっていきます。

稲垣君続きをよろしくお願いします。




カテゴリ :短距離・フィールド トラックバック(-) コメント(0)

フレデリック/錦 亮太

 2014-06-10
こんばんは。

題名は調べ物をしていたら偶然見つけた言葉を発言した人の名前です。

その言葉は、「2人の囚人が鉄格子から外を眺めた。一人は泥を見た。一人は星を見た。」と言うものでした。
同じ状況下にいる二人でも悲観的に考えるか楽観的に考えるかで人生は暗くも明るくもなるということですね。
何故かとても胸に響いたので紹介させて頂きました。

この後者の人のように何事にも前向きに真摯に取り組んでいきたいです!囚人ですが..笑


先日の名古屋支部は5000mに出場しました。梅雨だというのに晴天で暑い中の試合になりました。1年前のこの時期の僕のタイムは17分54秒とみんなより出遅れたものでしたが、今回は16分51秒で1年前よりは良いスタート位置に立てていると思います。

去年は16分27秒までタイムを伸ばすことが出来ました。今年こそは15分台を狙うつもりです。


早いもので僕も3年生です。2年生の5月から入部したので、南山大学陸上部として1年経ちます。

去年は途中から入部したとはいえ、13にとっては先輩に変わりないと考えていたので、先輩として何か後輩に伝えていきたいと思っていました。というのも後輩は先輩の背中を見て成長していきます。
先輩がしっかりとした行動をすれば自ずと後輩もその力に引っ張られていきます。逆もまた然りです。

4月から、13も先輩になりました。もう託されるだけでなく託す側でもあります。今、胸を張って後輩に背中を見せることが出来ていますか。

こんな事を言ってますが、
僕自身出来ていたのか、出来ているのか分かりません。だからもっと競技者としても、人間としても成長していきたいです。

僕は個人的には心配していません。尊敬できる後輩が、そのまま尊敬される先輩になると思っています。


上記のほとんどは高校の顧問の受け売りの言葉なので、紀乃ちゃんは聞いた事があったかもしれませんね!笑


次に出場する全日予選は南山は挑戦者です。他校の胸を借りるつもりで臆せず走りたいと思います。

次は裕貴にまわします!よろしく!
カテゴリ :中長距離 トラックバック(-) コメント(0)

はじめまして!/山田

 2014-06-10
恭平先輩から紹介をうけました、14生の山田恭介(やまだきょうすけ)です!
自己紹介します( ̄^ ̄)ゞ


学科:外国語(スペラテ)
出身校:岡崎高校
陸上歴:小・中の初め 短距離、中・高 長距離

顔黒いねって言われることに喜びを感じます。外見怖いってよくいわれますが中身はカスです安心してください笑
あとAKBファンじゃありません( ̄ー ̄)笑


長距離を始めたのは、中学でバレー部に所属したので、期間限定で募集のかかる駅伝部に入部したのがきっかけです。
小学生のときから長い距離大っ嫌いだったんですけど、なぜか夢中になってました!!駅伝好きです!!


けど、大学では短距離をやりたいですo(`ω´ )o
高校でたくさんの陸上の大会を見ていく中で、短距離のレースをやりたいって気持ちが強くなってったので、もし大学も陸上やるなら短距離やるって受験勉強しながら思ってました!

今でも長距離の方たちにお誘いをいただくので、揺れるんですけど…やりたいことをやりたいです!
この挑戦は全く軽い気持ちじゃなくて、ガチですo(`ω´ )o
そのために入ってたサークルやめてきました!o(`ω´ )o


熱いです すみません´д` ;
こんな僕ですが、よろしくお願いします!!
カテゴリ :短距離・フィールド トラックバック(-) コメント(0)

目標はただ一つ 岡本

 2014-06-09
こんばんは!
最近の名古屋は最高気温が25度を超え、暑い日が続いていますね。
中長距離としては自主練をする際には、朝や夕方など時間帯を選ばなければ
ならない時期になってきました。

さて、東海インカレ、上南戦といった大きな試合が終わり今シーズンも
大詰めとなってきました。
自分は怪我の影響もあり、あまり多くの試合には出場できませんでしたが、
出場した上の2試合について振り返っていきたいと思います。

まずは東海インカレですが…
怪我が長引いたこともあり、練習を上手く積めなかった上に、
試合のある週に体調を崩してしまうという失態を犯してしまいました。
前のブログでは1500の3周目を意識して走りたいと書いていたのですが、
当日も体調が戻らず、ただ走りきるのが精一杯という状態でした。
タイムも4分20秒もかかてしまって散々でした。
試合までに体調を整えるという選手なら誰でも心掛ける当たり前のことが
できなかった自分の情けなさを実感した東海インカレでした。

次に上南戦ですが、対抗の1500は上智の3人が圧倒的な持ちタイムだという
情報が流れていたので、中長でミーティングを開いた時も1500はとりあえず
誰かが3位を取って、5000で3タテして勝ち越そうという雰囲気になっていました。
実際、自分も―発目の1500で去年のように上智に3タテされることだけは
防ごうという気持ちでスタートラインに立ってしまっていました。
レースを終えてみれば、自分が思い描いていた通りにレースが展開され、3周目からペースを
上げることができ、今季ベストの4分08秒8で走っていました。
しかし順位は3位…
スタートラインに立っていた時の自分ならば、今季ベストで予定通りの3位を
取れたのだから喜んでいたはずでした。
でもゴール直後の自分は何で負けたんだろうと自分に問いかけていました。
1位とは0.7秒差、2位とは0.1秒差…
決して届かない距離ではなかったと思います。
そして今なら、負けた理由が少しは分かる気がします。
自分に勝った上智の2人、いや上智の3人は初めから「南山には負けない」という
気持ちでレースに臨んでいたと思います。
それに対し自分は「3位は取ろう」という気持ちで臨んでしまいました。
これは裏を返せば上智2人には負けてもいいということになってしまいます。
一度そういう気持ちになってしまうと、たとえレース中に勝とうと思っても、
僅差の勝負になった時に勝てないのだと思います。

今後についてですが、1500で今季ベストが出て調子も上がっているので
1500を走りたい気持ちは山々ですが、東海インカレ、上南戦が終わった今
目標はただ一つです。
それは半年後の東海学生駅伝です!!
たぶん、中長の皆が思っていることだと思います。
なので今後は5000を中心にやっていきたいと考えています。

また今月28日には全日予選会があり、10000を走ることになっています。
本番の半年前に各校が全力をかけて戦う大舞台に参加できることは
大きな意義があると思います。
しかし、ただ参加するだけで終わるつもりはありません。
その大舞台でしっかりと戦い、現状での自分と他大学の選手との距離を
見極めて、半年後の駅伝につながるレースにしたいと思います。

全日予選会は中長としても今シーズン最後のレースとなるので
応援よろしくお願いします!

思いのほか長くなってしまいましたが、この辺で終わりたいと思います。
次は錦に回します!よろしく!
カテゴリ :中長距離 トラックバック(-) コメント(0)

はじめまして!西岡

 2014-06-09

初めまして!
5月から入部させていただきました
西岡といいます。
よろしくお願いします!

自己紹介させていただきます。

西岡秀晃
学籍番号-2012EE200
学部-経済学部
種目-短距離、砲丸投げ
出身高校-尾北高校

こんな感じです!
1年はラグビー部
2年は何もせず…
3年からのスタートですが
頑張ります!
よろしくお願いします。
カテゴリ :短距離・フィールド トラックバック(-) コメント(0)

悩んだ末、無題/ 篠原

 2014-06-09
こんばんは!!
杉山先輩、ブログを回していただきありがとうございます。篠原です。
ブログを書くのもまだ2回目ということで、非常に緊張しております。
日付は変わりまして、本日6月9日は、僕の陸上生活132日目です。加えて、6月9日(勝手に命名しましたが無垢の日)ということで、いつまでも純粋無垢でありたいと思います。笑
最近、月日の経過が非常に速く感じます。10歳の僕が経験した1年間と現在の僕が過ごす1年間とでは、圧倒的に前者の方が長いような気がします。たった10年でこんなにも時間の感覚がこんなにも変化するとは...
世界は不思議なことだらけですね。

余談はさておき、僕のシーズン前半戦が終了しました。六校戦、国体普及、東海学生春季、東海インカレ、上南戦、県選名古屋地区予選と6つの試合を経験し、学んだこと、反省したことは様々です。特に、僕の前半戦での目標を達成できなかったので非常に悔しいです。後半戦でリベンジしたいです。また、今回のブログでは、上南戦に着目していきたいと思います。

僕は上南戦に対して特に思い入れがありました。僕が陸上競技に関わることになったきっかけでもありますから。
陸上を始めた頃は、単純に「上南戦の砲丸投で1位になる。」と心に決め練習をしていました。また、練習していく中で環境の変化もあり、どのように練習を積めばいいのか分からない状態が続きました(今もまだはっきりとしておらず、試行錯誤しながら取り組んでいます)。
シーズンが始まり、試合を経験すると単純だった目標が、より具体的な目標「上南戦では、10m以上飛ばし、ぶっちぎりで1位になる。」へと変わりました。目標達成に向け、練習での意識も変わり、前向きに取り組むことができるようになりました。上南戦が近づくにつれて、モチベーションも上がり、いい状態で当日を迎えることができました。
結果は、1位にはなれましたが、10m飛ばせなかったので、嬉しさ半分、悔しさ半分でした。また、投げの動作の細かい部分を見ると、まとまりがなく、砲丸への力の伝達がうまく行われていなかったので、もう一度基礎の徹底をしていこうと思います。


シーズン前半戦で何とか10m以上飛ばし、スタートラインに立ちたかった。これが今の素直な気持ちです。この悔しさをバネに、秋季大会に向けて鍛え直していこうと思います。夏は色んな意味で辛いと思いますが乗り越えてみせます!!
あせらず、じっくり頑張ります。

まとまりのない文章をタラタラと書いてしまいましたが、そろそろ次の人へ回そうと思います。
次は、、、可知くんに回します!!
お願いしまーす。



カテゴリ :短距離・フィールド トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫