今日は10時間寝ました。明日もそれくらい寝たいです。 加藤

 2012-10-29
こんにちは
かとだいです。
ブログがちょうど秋季の時に回ってきたのでナイスタイミングですね

昨日は東海学生秋季選手権大会が豊川市で行われ、私は400と800とマイルに出させてもらいました。マイルは本来、元樹先輩が走る予定だったのですがハプニングあり急きょ自分が走ることになりました。竹之内コーチから何が起こるかわからないから準備だけしておけと言われていたので準備はしていたのですが、まさか走ることになるとは思いませんでした。

私は先週からとても調子が良く、足もまわってきていたので絶対タイムがでる自信がありました。アップの時も朝早い割には体が動き、いいコンディションで試合に挑むことができました。が、結果はあまり納得のいくタイムではありませんでした。400は8レーンで相手の様子が全く分からず、ペース配分も中途半端になってしまい不発のまま終わってしまいました。800は昨日の疲労が抜けきらなかったのか400mまではとても楽に走れたのですが、400~600で足に乳酸が早くもたまってしまい、ずるずるとペースダウンしてしまいました。何とも情けない走りをしてしまって残念です。もやもやのまま今年の800を終えてしまいましたよ。
しかし、マイルだけは違いました。なんででしょうかね
自分にもよくわからないのですが、高校の時からマイルだけは安定したラップをいつも刻むことができていました。マイルだけは…
予選はとてもコンディションが良く300までリラックスして走れました。決勝も同じく最後の100mを除き自分なりにいい走りができたと思います。ラスト100はペースの落ちようが激しく、バンバンぬかされてしまいました。すみません
けど、何とか粘って5位に貢献できたのでほんとによかったです!元樹先輩の分の役割がしっかりできたかなと思います

また、この秋季大会に出て学んだこともありました。
それは…

補欠の重要さ

です。
これは本当にとても重要だと思いました。
重要であると思ったので赤の太字で書き、その上アンダーラインまで引いておきました。
どれくらい大事かというと
皆さんは試合前に必ず飲むと決めているものはあるでしょうか?
または試合用に試合のために何かしていることはありますか?
もしあるならそれくらい大事であると思います。←(いいたとえが浮かばなくてすみません。それが皆さんにとって大事なもの、ことであるのが前提にありますが…)
それらはなくても試合で走ることはできます。しかし、これらがあると、これをしたから大丈夫だ、これを飲んだから今日はいけるというような精神面で安心することができます。
いわば縁起物?のようなものです。※補欠は縁起物ではありませんが 笑
リレーにおける補欠もほぼ同じことが言えると思います。補欠はいなくてもリレーは4人いれば走れます。しかし、5人目、6人目がいればリレーの正選手は安心してリレーに臨むことができるでしょう。
このように信頼のおける補欠がいる、いない、だけでチームの雰囲気もかなり違ってくると思います。俺がダメでもこいつがいるから安心だ!って思うだけでも補欠の効果は十分に表れていると思います。
どれくらい表れているかというと…
くどいようなのでここは割愛させていただきます 笑
兎に角、メンバーに入らなかったからいいやではなく、補欠になってしまったら正選手にどう安心してリレーを走ってもらえるか考えることが補欠の役目であると思います。
これらの点において補欠の重要さを改めて学びました。次につなげれるものを学べただけでも大きな収穫です。

長く書きすぎてしまったのでここで終わります。
次はSNS会で有名ななりったー大先輩お願いします 笑
すみません。調子に乗りました。
成田先輩お願いします


カテゴリ :短距離・フィールド トラックバック(-) コメント(1)

はじめまして 山本

 2012-10-28
こんにちは。
1年マネージャーの山本です。
更新するのがとても遅くなってしまい すみません。
やっとログインすることができました。(機械音痴なので・・・)
つっちーありがとね。

初めての更新なので 今更ですが、自己紹介をしたいと思います。

名前 :山本優実
出身校:岡崎北
地元 :岡崎
学部 :外国語学部 英米学科
目標 :楽しく充実した 大学生活を送ること

自己紹介からもわかるように
地元も高校も岡崎なので 大学に入るまで(愛知県では)岡崎から出たことがありませんでした。
毎日約4時間かかる通学は いまだに慣れないです。
そのため、陸上部に入ることも 正直とても迷いました。
通学 忙しく大変と言われる英米での勉強 留学 部活・・・
両立できるか とても不安でした。(器用な方ではないので。)
実際、今 すべてのことを両立できているのか わかりません。
でも ひとつだけわかっていることがあります。
それは、南山の陸上部に入って本当によかったなぁ。ということです。
南山の陸上部は 優しくて面白くユーモアのある先輩方ばかりで
12のみんなも個性的ですが(笑)とても仲が良くて 大好きです。
部活に行くのがとても楽しくて いつも楽しみにしています。
学科が同じ子がいないので 部活がない日はみんなに会えないので、とてもさみしいです。
でも キャンパスで会えるとすごくうれしいです。1日、頑張れます。

わたしは 陸上経験者じゃないので
1年生のほかの2人のマネージャーみたいに 陸上や練習のことがあまりわかりません。
でも 高校のときも 陸上部のマネージャーだったので
その経験を活かして 部員さんを支えていけたらな、と思います。
あと 留学をしたいと思っているので
特に、12のみんなには迷惑をたくさんかけてしまうと思います。
こんな頼りないマネージャーですが
これからも よろしくお願いします。


遅くなってしまい 本当に申し訳ないです。
文章を書くのが上手くないので まとまりがなくてすみません(>_<)
次は、さよ先輩に回したいと思います。
よろしくお願いします。
カテゴリ :マネージャー トラックバック(-) コメント(1)

秋季マイル所感 和田

 2012-10-28
豊川にて、歯切れの悪いマイルチームベスト報告をしてしまい、
尾を引きまくっているので、流行りのカットインをしてみます。


まず、東海学生秋季お疲れ様でした。
会長、幹事長をはじめとするOBの方々、南山ACの方々、
遠く豊川までお越し頂き、応援ありがとうございました。
やはり、OBの期待があると無いとでは、
レースへの意気込みが大いに変わる、そのように感じました。
自らがOBとなった際も応援に駆けつけたく思います。


今年の秋季は、瑞穂ではなく、豊川市陸上競技場。
更に、秋季としては珍しく参加標準記録が設けられ、
終始、慣れない中での試合となりました。
そのため、個人種目のパーソナルベスト数は、
例年と比べ満足のいくものではありませんでした。
しかし、男女4継、男子マイルといったリレー種目では、
決勝進出を果たしたことからも、実力が遺憾なく発揮され、
OBの期待にも僅かながら応えられたではないかと思います。

その中でも、出場したマイルについて。
昨季と今季の違いは、何と言ってもコーチの有無でした。
コーチの助言に基づくリレー戦略は精緻を極めました。
走順、レース展開、個人特性、心理状態etc...

「決勝いけるぞ」「決勝は団子状態だ」
コーチの的確な助言。
何が最適解か、それは絶対に分かりませんが、
秋季決勝のレースは間違いなく、最善を尽くしたといえるものでした。

そして、短距離エース齋藤元樹を怪我で欠き、浮き足立つマイルメンバーの中で、
敢然とカトダイ(加藤)を4走に据えたことは英断に他なりませんでした。
副次的効果として、私は4走から3走に変わり、
予選・決勝でおいしい思いができたので尚更最高です…!
竹之内コーチありがとうございます!

もちろん、
私のような訳のわからない大学5年生を決勝まで連れてきてくれた
神谷、関、カトダイにも感謝です。
あの混戦は中々経験できるものではありません。
生涯忘れられないレースとなりました。
割りと大学陸上、悔いないです。
…この様な歯が浮くセリフは、実際には絶対言いませんよ。

文面はいいですね。
口頭と違い、多くの思いを吐露できるので。
甘えですが。
カテゴリ :短距離・フィールド トラックバック(-) コメント(0)

1年目・シーズン総括/山口きょ

 2012-10-28
まさか智也先輩からパスが回ってくるとは…笑
どうも、12生短距離の山口です。

今月の中旬にあった中京土曜記録会で(まだデュアスロンもありますが)大学1年目のシーズンが終わりました。
本当にあっという間でした。
記録だけをみれば、高校時代も含め100〜400のすべてで自己ベストを更新することができました。
最低限のことはできたかな、と思っています。
ただ、やはり東海秋季の標準記録を切れなかったことが心残りです。
あと、4継メンバーに入れなかったことも。
なかなか短距離の層は厚いですね(笑)
ですが、来年はこの分厚い層を打ち破り、必ず4継&マイル両リレーメンバーに入ります。

今シーズンを振り返ってみて、自分の中で変わったなぁ、と思うことが一つあります。
それは、メニューも含め200m以上の距離を積極的に走るようになったことです。
入部した時点で200mは長距離だの400mはマラソンだのと言っていた頃に比べれば、今の自分は非常に変わったと思います(笑)
高校時代からとにかく長い距離を走るのが嫌で、絶対自分には向いていないだろうと決めつけていましたが、最初は嫌々ながらも300のリーグ戦などで走ってるうちに、段々楽しくなってきました。
これが結果的に200mのベスト更新にも繋がったのだと思いますし、マイルを走ってみたいという気持ちにも繋がったのだと思います。
マイルに関しては、名古屋支部と先日の秋季大会の先輩方のマイルを見て、さらに走りたいという気持ちが強まりました。

また、竹之内コーチの存在も大きかったです。
高校時代にコーチがいなかったので、気になったことがあればすぐに明確に教えてくださる存在が身近にいるのは非常にありがたいと感じています。

そして、何といっても南山陸上部の環境と雰囲気のおかげであると思います。
僕は今の環境がとても大好きです。そして陸上が楽しいです。
多少不安なこともあるのは確かですが、陸上が楽しいことも確かです。
なので、今の環境を無駄にしないようにこれからも頑張っていきたいです。

今シーズンの振り返りはこんなもんで。
ここからは来シーズンの目標。
自分自身を鼓舞するためにもここでさらします。笑
100mー11.3
200mー22.8
400mー51.5
4継&マイルメンバー入り。
そして両リレーで東海インカレ決勝進出の力になる。
あえて目標は高めに。
冬季練習は常にこの目標を念頭において練習していきます。

まだまだ自分には伸びる要素がたくさんあると思っているので、怪我をせず且つ冬季は誰よりもたくさん練習して、来年の春に化けてやります!

それでは、そろそろ終わろうと思います。
次はさえちゃんに回します(^-^)/



カテゴリ :短距離・フィールド トラックバック(-) コメント(2)

冬    都築

 2012-10-24
こんばんは。都築です。
宮崎先輩ブログ回してくれてありがとうございます。
ここ最近気温が低く風もあり、肌寒くなってきているので体調管理や練習後のケアもしっかりしていきましょう。
また寒いので練習中短パンという格好が難しくなってきました。あまりジャージがないので買い揃える必要性を感じております。

先日行われた長距離記録会について振り返りたいと思います。
5000mに出場したのですが、試合前に目標としていた16分台をクリアできて良かったです。
名古屋支部にはすねが痛み出して欠場していたのでこの試合に間に合うか不安でしたが前回のタイムを上回ることができたのでその点ではホッとしています。
まだ、今日は調子がいいから記録出せるような気がする!みたいな感覚がこないので(まだ2試合しか出場していないからかもしれませんが)早くそういった感覚をつかめるように頑張ります。

今までに5000mに2回出させてもらい問題点がでてきました。
まずはラップのタイムが安定しないことです。間隔で5秒差あったり、また上がったり下がったりと波線のような感じになっているのでまずはこれを直さない限りタイムは絶対に縮まないものと思っているのでインターバル走等をして改善していきます。安定したうえで最後スパートをかけれれば良いのですが、、
また精神面が弱いので一人で走っていくとなると妥協しがちになってしまいます。長距離では精神面が重要だと考えているのでここも改善していきます。

また一ヶ月ちょっとあとには駅伝があります。出るためには来月の試合が重要になってきます。
タイム的には今つっちーと均衡しており私も彼に勝たなければメンバー入りはないと思っているので来月の試合ではベストで勝ちたいと思っております。つっちーと同じこと言ってますね笑

ではこれで終わりとしたいと思います。かとだいに回っているので僕もそのまま回します。






カテゴリ :中長距離 トラックバック(-) コメント(2)

行けるとこまで 岡本

 2012-10-23
銀杏もそうですが、僕はキンモクセイの香りで秋を感じます。
はるか先輩まわしていただいてありがとうございます。

さっそくですが、先日行われた駅伝強化長距離記録会について書きます。
今回、僕は5000mに出場しました。その6日前に行われた名古屋支部では800mに
出場したので正直、長い距離もつか不安もありました。
しかし、名古屋支部で5000mに出場した勇人に僕のシーズンベスト1秒差に
迫られていたので、絶対に引き離してやろうという気持ちもありました。

自分で言うのもなんですが、記録会の数日前から自分の調子が上がっていることは
自覚していました。具体的には、それほど力んだつもりはないのにスピードが出たり
長い距離を走っても息が上がらないということがありました。
また、このように自己分析ができていたことも、良い結果につながったのかもしれません。

そして記録会当日、智也先輩と同じ組でした。先輩とはいつも同じ設定タイムでメニューを
やらせてもらっていて、一緒に走ることに慣れていたので少し緊張がほぐれました。
前半はとにかく先輩についていくことだけを考えていました。
楽に2000mを通過し、3000mに差し掛かってもまだ余裕がありました。
その間も先輩は前の集団のペースが遅いと思ったら、みきりをつけ果敢に抜きにいっていました。
僕は本当に後ろにくっついているだけでした(笑)
そして4000mに差し掛かった辺りでまだ余裕があったので、やや罪悪感を感じながらも先輩の前に
出ました。ペースも徐々に上げることができ、結果は16分02秒99でした。
シーズンベストを42秒も更新することができました。
しかし先輩の後ろを走っていて、自分にはまだまだ未熟な面があり、先輩から学ぶべきことが
あると思いました。

今までは、練習でも大会でも自分がチームの中でどのくらいの位置にいるのか、
ただそれだけを意識していました。しかし、これからはそれだけではいけないと思うようになりました。
駅伝を走る以上は、他大学の選手とのレースの中で自分がどれだけ渡り合えるのかという意識を
持たなくてはいけないと思うようになりました。

今週末には秋季大会があり、もう一度5000mを走るチャンスがあります。
目標は16分の壁を破るのは当然ですが、それ以上は具体的に決めません。
行けるとこまで行くだけです。今、自分が一番成長している時期だと思っているので
手の届きそうな目標を決めて、それを達成して満足するようなことはしたくないです。

秋季大会まであと数日ですが、体と心のコンディションをベストの状態にもっていけるように
努めていきます。では、これで終わります。
カテゴリ :中長距離 トラックバック(-) コメント(2)

1日1日を大切に 増田

 2012-10-22
こんばんは。
気づけばもう冬に近づいて来ていますね。
あと3日後にはもう秋季大会です。
時間が過ぎるのは早いもので、少し寂しいです。
1日1日を大切にしなければと感じている今日この頃です(笑)

さて、早くもブログが回ってまいりました。
はるか先輩ありがとうございます!
秋季の意気込み書かせてもらいますね!


それではまず、名古屋支部のことに軽くふれたいと思います。
私は800、1500を走りました。
2種目ともすごく楽しかったのを覚えています。
やっぱり試合は楽しいな~

でも走りは納得いってません。
800は2週目、1500は3週目のラップが
ガクンと落ちてしまいました。
足の回転がちょ~遅かったらしく、
スピードがまだまだないなぁと反省しました。

でも支部では、この前のブログで言っていた
5分一桁と2分30を切るという目標は果たせたので
ホッとしています。

最初にも出ましたが、
あと3日後には秋季大会があります。
私事ですが、秋季のスタートリストを見て、
高校のときによく一緒に走った選手が横のレーンだったので、かなり緊張します。

高校の陸上仲間もいるし、応援してくれる人達にも、
恥ずかしい走りは絶対見せないように、
気持ちで負けないことを心がけて
秋季にのぞみたいと思います。
800、1500ともに支部よりもタイムを伸ばします!

それでは、
次はかとだいくんに回します。
お願いします!
カテゴリ :中長距離 トラックバック(-) コメント(1)

来シーズンに向けて/山田裕

 2012-10-22
こんにちは!
長らくブログを止めてしまって申し訳ございません。

先週で最後の中京土曜も終わり、今シーズン最後の試合になった短距離の人は少なくはないと思います。
今シーズンを通して、ベストが出た人もいれば、なかなかベストを更新できなかった人もいると思います。(私もそのうちの一人ですが…)
 
今年の秋季は異例の標準記録があり、出場できなくて悔しい選手もいると思います。
しかしこのことを逆に考えれば、来シーズンに向けての冬季トレーニングを早く開始することができます。
他の選手から一歩早く冬季練習に移行することにより、より濃い冬季練習を積むことができ、より早く来シーズンへの準備をする事ができます。
したがって、ここで秋季に出場できないからといって腐るのではなく、来シーズンで良い結果を出すことを信じて、集中して冬季練習を行っていきましょう!

冬季練習は試合もなく、練習もとても単調になりがちで、かなり目標が薄れやすい時期でもあります。
この長い期間の間にどれだけ自分の中で課題を持って、そして熱気を持ってやれるかが最大の焦点でもあります。
そこの差が来シーズンの結果にも比例してくるので、しっかりと課題、熱気を持って、自分の目標を失わずに、皆で団結しあって進んで行きましょう!


さて上記の話題に関連して、冬季鍛錬期についてです。
もう短距離全体にはミーティングで話しましたが、これまでの冬季鍛錬期とは違い、練習内容を大きく、ガラリと変えていきます。
理由は何点かありますが、端的に言えば、この南山大学陸上部の全体の力の底上げを図りたいと考えているからです。
今までの練習について、良い点も何点かありますが、悪い点がある事も事実です。
「走るだけなら誰でもできる」「走るだけで速くなれるなら皆10秒台」
要するに走るだけの練習なら速く、強くはなれないということです。
特に南山大学陸上部の練習時間は、お世辞にも多く取れるとは言えません。
したがって、走る以外の練習を多くすることにより、効果的に、効率的に力をつけていこうというわけです。
グラウンドも陸上に適しているとは言い難い環境にあるので、走る以外のことをどれだけ集中してやれるかが来シーズンの結果を左右すると思います。
上記でも述べましたが、練習内容が大きく、ガラリと変わる影響で、多少混乱するかもしれませんが、よろしくお願いします。

とにかく熱気と課題を持って、速く、強くなれるように頑張っていきましょう!
そろそろ次に回します。
智也から回っている山口恭平、そして私からは高須に回したいと思います。
よろしくお願いします!!


p.s.しまけん、いい加減に書かないと怒りますよ。(もう少しで二ヶ月記念!)
カテゴリ :短距離・フィールド トラックバック(-) コメント(2)

/浅井

 2012-10-22
最近は朝晩がかなり寒いですね。
風邪をひかないよう各自で体調管理はしっかりしていきましょう。

まず、二週間ほど前に出場した駅伝強化長距離記録会について少し書きます。
私は今回の記録会でようやく16分40秒を切りました。
今までは、3000m過ぎからは体力がもたず、なかなか16分40秒を切れませんでした。
しかし今回は、3000mを過ぎても体力に余裕があり、最後までペースを崩さずに走りきることができました。
ゴールしてから思ったのですが、体力に余裕があったのだから残り2000mでもう少しスピードを上げていれば、
16分30秒も切れたのではないかと思いました。
今後は、体力に余裕があれば、もっと積極的な走りをしていこうと思います。
そして、どんどんタイムをあげて、智也先輩や岡本に追いつきたいと思ってます。

私は次の駅伝強化長距離記録会は駅伝を見据えて、10000mに出場する予定です。
5000mは走りきる体力があっても、まだ10000mを同じペースで走りきる体力はないと思うので、
これからもっと走りこんでいこうと思います。

駅伝まで残り一か月ちょっとなので、怪我だけはしないようにして、頑張っていきましょう。

では、これで終わります。
恭平先輩、里央、岡本、綾乃ちゃんの4人に回っているので、そのまま次に回します。
よろしくお願いします。
カテゴリ :中長距離 トラックバック(-) コメント(2)

ひたすら前へ 土川

 2012-10-22
宮崎先輩まわしていただいてありがとうございます。最近の中長ブロックの更新率は割と高めなので短距離の方々もこの流れに乗って全体の更新率が上がっていくといいですね!!

どうも土川です。最近は朝晩と昼間の気温の差が大きすぎていつも何を着ていくべきか迷います(汗)

とりあえずは先日出場した駅伝強化長距離記録会について触れます。
前回の試合でベストを更新したものの、5000m初レースの里央との一騎打ちに敗れかなり悔しい思いをしたのでそこそこ緊張しながら迎えた試合でした。

今回は目標タイムの関係で里央とは別々の組だと分かっていたのでとりあえずは落ち着いて自分のレースをしようと思っていました・・・

しかし、アップをして着替えに行ってから競技場に戻ってくるとそこにはダントツでトップを走る彼の姿が(汗)しかも16'57"63って、17分切っちゃってるし(笑)
それを見た瞬間から緊張が一気に増し、同時に勝ちたいという気持ちも強くなりました。

前日の学校での調整では思ったほどいい感覚で走れなくて若干不安はありましたが、スタート後はかなりリラックスして走れました。レース前とは違って気持ちにかなり余裕を持てたように思えます。エコパのときのように先頭に出ることこそありませんでしたが、平均ラップ82秒くらいで刻むことができ、終盤も思ったほど落とさずにまとめることが出来たのでよかったです。
しかしながら、名古屋支部での800mや1500mにも同じことが言えるのですが残り数百メートルでの切り替えが出来ず、全くスパートをかけることが出来なかったのでこれは次回までの課題にしておきます。

タイムはまさかの16'57"48で「つっちーと里央、最後まで競り合ったんだな。」と成田先輩に誤解されるほどの僅差になりました。実際同じ組でこの結果だったら、かなり見応えがあったでしょうね(笑)
結果として里央にリベンジを果たし、16分台に突入することが出来たのでその点は嬉しいですがまだ満足はできません!
以前練習後のダウンのときにコーチに謙遜が過ぎると言われましたが、まだ僕には駅伝メンバーの座は遠く感じて仕方ありません。ですが前に進まなければその距離は縮まらないので駅伝当日までひたすら前を目指して走っていきます。

宮崎先輩も触れていましたが、今のチーム内には様々なライバル関係が存在します。言うまでもありませんが、現時点で僕にとってそれは間違いなく里央でしょう。(里央はどう考えているか知らないですけどね(笑))
競り合う相手がいるのはいいものです。単純に練習を積むよりも多く力を与えてくれるものだと個人的には考えています。
来月も長距離記録会があります。実は次回のレースでは申し込みタイムが同じなのでエコパぶりの直接対決(恭平先輩と西先輩を含め実質四つ巴の争い(汗))がほぼ間違いなく実現します。
里央のレースパターンは僕とは全く違うので正直やりにくい相手ですが、里央に勝たずしてメンバー入りすることは無いでしょうし、今回は勝ったうちに入らないので来月はもっと差をつけてベストで勝ちたいなと思っています!もちろん岡本と浅井にももっと近づくので(笑)

今のチームには全体的にいい流れが来てると思うので残りわずかですが頑張っていきましょう!!
長くなってしまって申し訳ありません(汗)次は最近かなり調子を上げてきた浅井君にまわします。よろしく!!!

カテゴリ :中長距離 トラックバック(-) コメント(1)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫