まだまだ暑い日が続きます/山田智

 2012-08-31
もう9月になるというのに暑さが弱まる気配がいっこうにありません。しかし、時折吹く風には多少の涼しさがあって、夏の最も暑い時期は乗り切れたかな、という感じがしている今日このごろです。


では、もう一週間も前の話になりますが、合宿について振り返ってみようと思います。

今回の合宿では、中長距離は「とにかく走りこむ」という、抽象的な目標のもとで、合宿に臨みました。最初のほうは「ただ走るだけ」というメニューだったので気楽な気持ちで練習をしていましたが、1日学校練では絶対に走らない30キロという長い距離に足の疲労は思っていた以上にたまっていき、最後のほうは足がかなり重くなっていました。それでも、みんなのがんばっている姿を見て、「俺もがんばらなくては」と自分を鼓舞して5日間の合宿をやりきることができました。

そして、特に自分を鼓舞できたのは有貴の姿でした。もともと、男女の体力の差はあるので、離れてがんばってもいいのに、有貴はそうやって自分を割り切ることもせず、ただ必死に走っていて、そんな姿を見ていたら、「がんばらないわけにはいかない!」と思ってがんばってきました。


また、合宿2回目ということもあって、「ただ、付いて行くだけ」というスタイルを変えて「できる限り周りを見ながら練習する」ということも心がけて練習に臨んでいたのですが、自分が苦しくなると、結局、周りが見えなくなってしまって、自分だけの世界に入ってしまったところは、今回の反省点です。


と、このように練習には、多々思うところがありますが、練習後のイベントはものすごく楽しかったです!!
肝試し、アイスの旅、花火、どれもすごく楽しかったです!

肝試しでは11みんなで協力して案を考えて、練習後に準備して、その時間がとても楽しくて、アイスの旅では、参加する前に、恭平、ナリケン先輩と自主練で、滝まで走っていって、滝の水の冷たさにびっくりして、その後のソフトクリームのおいしさに舌鼓を打って、花火では、今年もNANZANの文字を作っていて、本当に充実していました。

…本当に、3日目の夜さえなければ完璧でした。まあ、今となってはいい思い出ですけどね(笑)


こんな感じで、合宿をやりきって夏季大会に出たわけですが、結果のほうはお世辞にもいいものとは呼べませんでした。正直、合宿で走りこんで、テスト期間中に失った体力は戻った感じがしていたのですが、いざ走ってみると、1周目で肺が痛くなり、スピードに全くついていけずに終わってしまいました。

6月の上南戦から10秒近く落ちているので、なんとしても、スピードを戻したいです。


では、次に回します。8月はなんだかんだで更新率が低かったので、ダブルで回します、恭平、里央よろしく!
カテゴリ :中長距離 トラックバック(-) コメント(1)

夏後半 柳澤

 2012-08-28

こんにちは。柳澤です。
長らく日記を止めてしまいすみませんでした。
菅平高原での合宿が終わってから1週間が経ちました。

夏合宿は2回目でしたが、今年も楽しませてもらいました。
練習はゆっくり長く走る練習でしたが、
長距離の皆さんは走るペースがとても速くて、
私は集団から何回も離されてしましました。

まだまだ力不足だと感じた合宿でした。

来年は11が幹部学年となって夏合宿に行くので、
練習面でもその他の面でも引っ張っていけるようになれたらと思っています。




さて、個人的な事柄になりますが、
最近の私の練習の取り組みと試合のことについて書こうと思います。

夏合宿が終わってから
すくに夏季大会と市民スポーツ大会というように
大会続きでした。

夏季大会では400mとメドレーリレーの400mに
市民スポーツ祭では2000mに出場しました。

夏季大会は400mを2本走って貴重な経験をしました。
市スポの2000mも正式種目ではないため、
こちらも貴重な経験をしたレースでした。

2年生になってから今日まで
たくさんの試合をしてきました。

場数を踏めたのは確かなのですが、
思い返してみるとぱっとせず、
不完全燃焼で終わるレースばかりしてきたなと感じています。

積極的に試合の申し込みをしても、
いざ、試合になると肝心な積極的なレースができていません。

秋になればまた大会が続くため、
このままズルズルと悪い流れを引きずらないように
練習では試合をイメージして常に緊張感やきつくても粘る気持ちをもって
走ります。

思い悩むことは色々とありますが、
悩んで気持ちがマイナスになるくらいなら
最初から考えない方がいい!

そんなのテキトーな・・・と思われるかもしれませんが
このようなスタンスでやっていけたらと思います。

常に気持ちは前向きにいこうと思います。

以上で私の日記を終わります。

夏合宿が終わってから
中長距離の皆さんの思っていることなど色々知りたいため
次に日記を書いてもらう人は定めません。

ぜひ時間があれは、
どんどん日記を更新してください。
よろしくお願いします。



カテゴリ :中長距離 トラックバック(-) コメント(0)

もうすぐ9月 中村有

 2012-08-27
更新が遅れてすみません。もうすぐ9月なのにまだまだ暑いですね。私にとって帽子が必需品になりました。車校の方は、今日、初めてS字コースとクランクという直角に曲がるコースを運転しました。運転免許をお持ちの方は、アドバイスをくれると嬉しいです(^^)

さて、陸上の方は、合宿と夏季大会が終わってしまいました。
まず、合宿について振り返ってみたいと思います。今年の合宿は充実した5日間を過ごすことができました。長距離のメニューには明確なメニューがなく、最初は戸惑いましたが、長い距離を走るということで、自分たちで走るコースやペースを考えて走ることができました。今までの私は、ただ言われたことを何も考えずにやっていた傾向があったけど、今回の合宿では自主的に取り組めた部分が大きかったので良かったなと思います!!

4日目のミーティングでは、中長距離ブロックの人たちの合宿の反省や、今後の目標を聞きました。普段一緒に練習している仲間が様々な気持ちをもって陸上を続けているのだなと思って、私も気合いが入りました。このような機会はとても大切だと思いました。

夏季大会は、1500mに出場しました。結果はまだまだで、改善する点がたくさんあるなと実感した大会でした。合宿の疲れがないと言えば嘘になりますが、アップの時は身体がよく動き、もしかしたら良いタイムが狙えるのではないかと密かに期待していました。しかし、現実は厳しいですね。レースが始まると、最初の2周は積極的に前の集団についていくことができましたが、3周目から足が前に進まなくなり、ラスト一周に関しては全くスピードを上げることができませんでした。そして、スピードの大切さを知りました。

これからの練習は体力ももちろんですが、スピードをつけていきたいです。体力だけでは大会では通用しないと実感しました。ラストで競えない、ラストで抜かされるというほど悔しいことはないと思います。「私はスピードがない」と今まで自分で思ってきました。それは事実かもしれません。だけど、この考え方をするのはやめようと思います。こんな考え方をしていては練習していても、効果が少ないと思ったからです。自分で自分の可能性を縮めていると思いました。

秋シーズンは多くの試合に出ようと思います。試合から学ぶことも多いし、単純に、試合に出ることが楽しいという理由もあります。そして、長期的なスパンで、大学生のうちに自分の最大の目標を達成しようと思います。みなさんも暑さに負けず練習を頑張っていきましょう!!

それでは次は復帰したにしけん先輩にまわしたいと思います。
よろしくお願いします(^^)/


カテゴリ :中長距離 トラックバック(-) コメント(1)

まだまだ通過点! 川島

 2012-08-26
こんにちは。遅れてしまい申し訳ありません。
合宿・夏季大会・市スポと、暑い中それぞれお疲れ様でした。
ベストが出た方々、入賞された方々はおめでとうございます。


まずは合宿について書こうと思います。私は高校時代、冬には合宿に参加しましたが、夏に、しかも5日間という長期に渡っての合宿は初めてでした。不安な気持ちもありましたが、つらい中も部員同士で声を掛け合い、良い雰囲気で練習することができた充実した5日間でした。個人としては怪我なく練習メニューはこなせたものの、特に4日目の練習においては”こなす”だけの練習になってしまったことが反省点です。走り込みの練習でも、もっと積極的な姿勢で1本1本を大切にしなくてはいけないと痛感しました。
反省は多々あるものの、5日間無事に合宿が終えられたのも、コーチ・マネージャー・OBの方々、そして一緒に練習出来た部員の皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。(実家暮らしの私は家族への感謝も忘れてはいけませんね。)


また、夏季大会についてですが、私は100mとメドレーリレーに出場しました。合宿後ということで練習の一環として挑むくらいの気持ちでいこうと思っていましたが、終わってみると自分の弱さに悔しさでいっぱいです。100mでは合宿中、コーチに教えていただいたことが実践できず、リレーでは自分が出場したいといったにもかかわらず不甲斐ない走りをしてしまいました。


しかしクヨクヨしていても仕方ありません。合宿や大会での反省をこれからどう生かしていけるかが秋の実りへと繋がります。まだまだ自分は発展途上だ!と信じて突っ走っていきたいと思います。


では、今日はここまでにします。たくさんパスが回っているので私からは回しませんが、合宿や大会についてほかの皆さんのお話も伺いたいです。
明日からも練習頑張りましょう(^-^)
カテゴリ :短距離・フィールド トラックバック(-) コメント(0)

夏季大会お疲れ様です  杉山

 2012-08-24
書いてくれそうな…という理由に関してはよくわかりませんが、神谷先輩回して頂いてありがとうございます。

みなさんこんばんは。一年生ながら早くも三回目の登場に少しビビッてしまっている杉山です。夜遅くの更新になってしまいましたが、一つおつきあいください。

さて、二日遅れの話ですが皆さん合宿お疲れ様でした。初めて参加させて頂いたこの合宿は僕にとって非常に新鮮なものでたくさんの体験をさせていただき本当に意義あるものとなりました。脚を痛めすべてのメニューがこなせないなど少々厳しい思いもしましたがそれもそれで自分の糧となる経験となったと思います。

その合宿の二日後に夏季大会という非常にハードな日程には流石にいささかこたえました…。僕は個人種目は100mに出場しましたが、記録は12.54という非常に不甲斐ない記録に終わってしまいました。向かい風2.7mという悪条件ということもありましたがそれにしても言い訳にならないような情けない記録になってしまいました。スウェーデンリレーにも出場しましたが先輩方の手助けができたとはお世辞にも言えない走りでした。

今回の試合の結果を踏まえて、まずは痛めている脚を治し完全な状態にすること。次に秋季に向けて夏の間に走りこんで多少は鍛えられた脚力で本職である跳躍につなげていくことを主軸にやっていきたいと思います。僕の本当にやりたい種目はやはり走幅跳、そして三段跳です。大学在学中に幅は7m、三段は14mに届かせるために、9月以降から跳躍練習を多めにとり、しっかりと技術を磨いていきたいと思います。

菅平に行ってひしひしと感じましたが夏も徐々に終わりへと近づきもうすぐ秋になろうとしています。迫りつつある秋の試合に向けて、南山陸上部一丸となって精進していきましょう。(1年の自分が偉そうな口を利けたものではありませんが)

さてこのあたりで僕の文章はそろそろ終了とさせていただきます。読んで頂きありがとうございました。山口恭平がトリプルで回しているためあまり回しすぎると混乱を招きそうなので僕は一人の方に回させていただきます。ブログのバックナンバーを読み返す限り4月から登場していないしまけん先輩に回してみようかと思います。では、よろしくお願いしますね。
カテゴリ :短距離・フィールド トラックバック(-) コメント(1)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫