これから★ 福島

 2010-08-29


昨日は 夏季大会
お疲れ様でした!



さてさて
初めての合宿が終わって
だいぶ経ちましたー。

この合宿
相当 辛かったです(笑)


もともと 陸上に対して
意識も薄く、センスもなく
さらに みんなよりも
体力もない状態でして。

メニュー途中で
やめちゃう心配が
大いにある中
スタートしました。


2日目の坂ダッシュで
脚はピークに達し(笑)

元気がなくなりました←


セット走や200+200では
自分の体力のなさに
どこかで諦めを感じ、

どうにかきつくない
走りでメニューを
終わらせれないか・・・
と最悪な思いが
頭をぐるぐるしてました。



若い頃は
誰よりも前を
走っていたいと
思ってたのに、

常に一番後ろを
離れて走ることに
慣れてました。

ただ この合宿
ちょっとだけ
悔しかったです。

強くなりたいって
一瞬 思えました。


いっぱい声かけてくれた
先輩や10がいたから
そう思えたし、
5日間 頑張れました。

話まとめれませんでしたが
さしより感謝で
いっぱいな5日間でした!



夏季大会は
怪我して出れませんでしたが、
いつかハードル
デビューもしたいですし、

4継のメンバーも
狙っていきたいです!


・・・と 気合いは
十分ですが、
明日から 少々
お休みします(汗)


帰ってきたらドMになって
練習に取り組みたいです(爆)


次は 合宿では感謝感激←
りみ先輩 お願いします★



.
カテゴリ :短距離・フィールド トラックバック(-) コメント(0)

まだまだ / 西

 2010-08-29

皆さん夏季大会お疲れさまでした。

僕は昨日行われた夏季大会で公式戦デビューしました。


結果は最悪でした。

あんな走りをしても応援してくださってありがとうございました。

この時期にいいタイムはまだ出ないよと言ってくださった先輩方もいましたが、それにしても悲惨すぎるレースになってしまいました。

自分の中では、少しずつでも体が動くようになってきた気がしていて、夏季大会ではベストは厳しいにしてもそれに近いタイムで走れるのではないかと思っていました。

でも、やっぱり走り込みが全く足りていないということがわかったし、あとは、もっと体をしぼらなければいけないと感じました。


結果は散々でしたが、自分の走りと他の選手の走りを比べて自分に足りないことがたくさん見つけることが出来たので、レースに出てよかったと思いました。

これからどんどん涼しくなってくると思うので、もっともっと走りこんで、先輩たちに少しでも早く追いつけるように頑張ります。


それでは次はいつデビュー戦になるのかわかりませんが、リハビリを頑張っているナリケン、よろしくね!
カテゴリ :中長距離 トラックバック(-) コメント(0)

秋に向けて 寄田

 2010-08-28
しばらく更新できずすみませんでした!




およそ1週間前のことになりますが無事に4泊5日の夏合宿を乗り切ることができました!
合宿は終わりましたが、今後も夏の練習は続いていくので気を抜くことなく秋に向けて練習に励みたいと思います!
特に残りのことを考えるとこの思いも一入です!








今日は半田運動公園陸上競技場にて夏季大会が行われました。








次はにしけん!よろしく!!
カテゴリ :中長距離 トラックバック(-) コメント(0)

競うということ  佐藤

 2010-08-26
こんばんは★
みんなが言うほどバナナは好きじゃありません!佐藤です!

先週は合宿お疲れ様でした。
参加した07みんなが言っていますが、本当に楽しい合宿でした!

事前準備から5日間の運営まですべてを頑張ってくれた08
去年より頼もしくなり、肝試しでも楽しませてくれた09
初めての合宿でありながらいつでもてきぱきと動く10
みんなのおかげで07はゆるりと過ごし、純粋に走ることだけを考えることができました。
本当にありがとうございました(*^_^*)


私はこの合宿で「陸上競技」というものを再考察しました。

「競」という字があります。
だから競ってなんぼのスポーツです。
今回の合宿で、短短の男子メンバーは火花を散らしていたように思えました。

私はというと…
4年生にしてというか陸上競技を10年やっていながら恥ずかしいことですが
競うという意識が足りなかったなと反省しています。

りみちゃんとゆうこの間を走る。
そんな状態が5日間続きました。
1本でも1番を、一瞬でも先頭を走るよう努力するべきでした。

そういう気持ちが強い人が記録を伸ばせるんだと再確認しました。

残りの練習では
「このへんで走ればいいかな」という考えは捨て
共に走る人と競うということを忘れず
常に前を狙って走っていきたいです。

数少ない試合では、楽しむことはもちろんですが
リレーであれば十傑、個人では自己ベストを貪欲に狙っていきます。

明後日はみんなの先陣を切って4継に出場します!
新しい走順を試すから見ててください★
スウェーデンでは南山記録目指してますので(笑)

疲労が残り気味ですがみんなで頑張りましょう(^-^)


ではではそろそろ若者に合宿や夏季大会のことを書いてもらいましょう♪
5日間一緒に頑張ったゆうこお願いします★!
一段と強く、そして黒くなったね(^^)


PS:写真アップしました★みんなもってけー!
私ばっか写ってますが、まぁ私のカメラだからしょうがないよね!

カテゴリ :短距離・フィールド トラックバック(-) コメント(2)

フロー状態  藏地

 2010-08-25
どうも。
今週末の夏季大会では和田とともに
ヨンパー→400→スウェーデンと
2時間刻みのタイムスケジュールになる予定の藏地です。

合宿お疲れ様でした!!
去年は運営で大変だった分、今年は楽しませてもらったぜ!
いい思い出がたくさんできました☆
みんなありがとう!!!!

さぁ、合宿が終われば
秋のトラックシーズンが迫ってきますね。

ミーティングのときにおーつが
本番に弱いみたいなことを言ってました。
僕はそんなことないんだけど、
こういう人は結構いる気がします。

そこで、ちょっとした資料を拾ってきたので紹介しましょう。
脳科学者の茂木健一郎さんは有名なので知っている人も多いかと思います。
その茂木氏がツイッターで数回にわけて述べておられたことを転載します。
ちょっと長いけど、きっとためになるよ。




kenichiromogi

よく、緊張していることを集中と勘違いしがちだが、そうではない。
理想的な状態とは、集中していると同時にリラックスしている
チクセントミハイの言う「フロー」状態である。

ボルト選手が、
100メートル9秒58の驚異的な世界新記録を出した時の走りを見ていると、
笑って楽しみながら走っているように見える。
このように、集中しているがリラックスしている時に、
人は最高のパフォーマンスを発揮する。

スピードスケートの清水宏保選手によると、
世界新記録が出る時には、
主観的にはむしろ「流している」感覚がするほどリラックスしているのだという。
実際に世界新記録を出したトップアスリートによる、貴重な証言である。

フロー状態において、
人は、最高のパフォーマンスを出しつつ、
その時間の流れを深く楽しむことができる。
理想のあり方としてそのような至福があることを知ることで、
自分の努力の黄金律とすることができる。

フロー状態になるためには、
課題のレベルと、自分のスキルのレベルが高いところで一致していなければならない。
スキルが及ばなければ、緊張しがちになる。課題が低いと退屈する。
課題とスキルの高レベル共鳴がフローを生み出すのである。

新しい課題に取り組んでいる時は、
スキルが低いから、どうしてもつまづいたり緊張する。
そのような、「山登り」の苦しい時間帯をくぐり抜けると、
ある時、ぱっと「フロー」の平原が開ける。
いつかは「フロー」に入ることを楽しみに、地道に研鑽を積まねばならない。

(中略)

課題とスキルを高いところで一致させるためには、
常に「もっと上」を目指す向上心がなければならない。
トップ・アスリートがフローを経験できるのも、絶えざる克己心があるからだ。

日本人初のオリンピック金メダリストとなった三段跳びの織田幹雄さんは、
「身体を躍動させること」自体が喜びであると語っていた。
ここにもまた、フロー状態を知る一人のトップ・アスリートがいる。

課題とスキルが高いレベルで一致し、
集中しているけれどもリラックスしている。
最高のパフォーマンスを達成しながら、蜜の味の時間が流れる。
日々の営みの中で、そんなフロー状態を経験できることを目指し、
楽しみとして目の前の努力をしよう





どうですか?
陸上生活の中で、フロー状態を経験したことがありますか?

こんなことも意識しながら
秋の大会に向けて調整していきましょう。


つぎはちえり!
カテゴリ :短距離・フィールド トラックバック(-) コメント(3)

さよなら菅平 大津

 2010-08-24
大津です(`ω´)ゝ

とうとう学生最後の合宿が終わってしまいました。
合宿の準備、運営をしてくれた08や、荷物運びなどでてきぱきと動いてくれた09、10には本当に感謝です。
おかげで07は純粋に合宿を楽しむことができたと思います。

合宿中の練習では、初日の300mT.Tから始まり、セット走、坂、300m10本など練習が始まるたびに気が滅入っていました。
しかし、きつかった分みんなで練習を終えれたときの達成感はハンパなかったですね。

ミーティングのときにも少し話しましたが、僕は非常にメンタルが弱いです。
しかし、今回のキツい練習を全てこなせたことでこれだけ走れるんだという自身になったと思います。
試合前に緊張したらこの合宿での練習を思い出すようにしてみます。

また、300mT.Tでのベスト更新や300m10本で何本かトップを取れたことからも、去年より成長していることを実感しています。
今は試合に出ることが楽しみです。出られる試合はもう数える程しかありませんが、残りの陸上生活を楽しく過ごしたいと思っています!

次は蔵地!
カテゴリ :短距離・フィールド トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫