昔、庭に皿を置いておいて積もった雪にシロップをかけて食べてました。そんなことよりもうすぐ春ですね、ちょっと気取ってみませんか? 片山

 2018-02-20
皆さんこんにちは。
お腹と腰と首と口の調子が悪く、色々なことが調子悪いなぁって思っていたら、少し良いことがあって風向きが変わったかなと感じながら、急に犬に飛び出されたりしている片山です。
少し前にちょっと高めのトレンチコートを買いました。春、秋、冬、私服、スーツの上から着ます。今までファッションに全くお金をかけてきませんでしたが、少しかけてみました。人の印象は最初の数秒で決まると昔何かで読みました。就活をしながら色々と考える中でファッションを疎かにしてきた自分はどうなんだろうと思いました。ファッションセンスが良いか悪いかは別として、せめて自分が好きだと思うようなもので評価されたいなと考えるようになりました。

さて、もうすぐ春ですね。この前2018年が始まったと思ったのに、もう2月の下旬に入ってきました。時の流れが恐ろしいです。2月もあと8日しかありません。今より若い瞬間は今後2度とないですし、もっと有意義なものにします。少し高いかもしれない目標に向かってちょっと気取ってみます。

ところでこの「気取る」っていうのは少し難しいですね。就活を進めていく中で、自己PRや学生時代頑張ったことや長所など色々なことを聞かれたり、そういうものがあることを何かしらで知ったりということがあると思います。個人的にそういったことを話すことがあまり好きじゃないのですし、そういった頑張ったこととか長所とかは、話さないからこそ美しいのだと思うのです。そんな考えだから難しく感じるのでしょうね。なんとか頑張ります。

話が変わりまして、最近平昌オリンピックが行われていて、色々な競技をテレビで見ているのですが、やっぱり面白いですね。よくよく考えてみると自分と同世代くらいだったりする人もたくさん出ていることに気づきます。また冬季オリンピックは特に日常で普通に働いていたりする人も多いそうで、忙しいことを言い訳にするのもかっこ悪いなって思ったりもします。そんなことも考えずにただただ競技の観戦を楽しむことの方がほとんどですが、少しでもそんなことを考える機会になってよかったなと思います。

さて次ですが、怪我からの復活を期すひろとに任せます。
カテゴリ :中長距離 トラックバック(-) コメント(0)

3月 上田

 2018-02-20
こんばんは、上田です。
もうすぐ2月が終わり3月になります。しかしとても春が近づいているという様子は感じられず、ここ最近の寒さは本当に身体にこたえます。インフルエンザも流行っているそうなので、体調管理をしっかりしていきたいです。


3月になるということは、私にとって就職活動が本格的に始まることを意味します。2月に入り、春休みになってからの毎日は本当にあっという間で、1日が24時間では足りないと感じさせられます。去年の今頃はあんなことしてたなぁとふと振り返ったり、あの時は就職活動をする自分をイメージすることは出来ませんでしたが、そこから1年が過ぎ自分が就職活動をする目前まできました。先輩たちはこういった毎日を乗り越えてきたのかと思うと本当に尊敬します。そしてついに自分が臨むときになりました。ここまで準備をしてきた自分に自信を持って臨みたいです。もちろん陸上競技との両立を実現するためにも自分で考えながら継続していきたいです。


少し短いですが、これで終わらせていただきます。次は白石に回します。よろしくお願いします。
カテゴリ :中長距離 トラックバック(-) コメント(0)

この時期「雪はおいしい」と言う人が決まって現れますよね。僕も保育園の頃はもちろん食べました。雪おいしいって言ってました。でも現在19歳、「雪おいしいって言う自分カワイイ」ていうのはアリだと思います。ただ一つ言いたい。なぜ雪を食べ 徳江

 2018-02-16
徳江です。
はじめに。「なんだこのタイトルは?」「それでも主務か?」そういったことを言われるかもしれません。残念ながらお察しのとおり主務になりました徳江です。これはといいますと齋藤飛鳥さんを真似ました。これから飽きるまではブログのタイトルにその時思っていることをダラダラ書いていきたい、飛鳥ちゃんのように。

それはさておき、涙汗合宿お疲れ様でした。
中距離ブロックの先輩方には本当に助けられました。ありがとうございました。
個人としては課題が改めて明確になりました。他でもないスタミナ不足ですね。距離がのびた練習になると顕著に周りに離されました。良かった点はあまりないですが、挙げるとするならスピードが若干ついたというところです。
これからシーズンインに向けてスピードを磨き、最低限のスタミナがほしいと願っています。

このブログの結びはどうしようか。
最初に挙げた飛鳥ちゃんのレポと一言感想でもあげます。このまえ行ったやつ
では、

・レポ(3枚出し)
と 「飛鳥ちゃん肩パンチして!」
あ「(肩パンチ)」
と「いや、やってくれるんかい(笑)」
あ「頼んだのはそっちだろ」
と「じゃあ、もう一つお願いが、、」
あ「なに?」
と「よく行く焼肉屋の名前…」
あ「はい、お時間でーす(笑)」

・感想
ヲ タ 卒 視 野 で す わ 。

次ですが、片山先輩に回します。
カテゴリ :中長距離 トラックバック(-) コメント(0)

僕の、不可避 新美

 2018-02-13
~プロローグ~
合宿お疲れ様でした。
中距離ブロックは合宿中なかなか質のいい練習を積めたと思います。自分的には最終日の午前練に足がつりかけて全ての練習をやり遂げることが出来なかった悔いが残りましたが、全体的にみて強くなれたと思います。

また、合宿中は15生の吉田・片山・高橋先輩が練習に参加してくれてより良い雰囲気で練習ができました。なによりありがたかったのは、中距離ブロックは合宿中の移動が皓翔先輩が車で競技場やクロカンコースに送ってくれたり、穂高先輩が4日間の昼飯を奢ってくれたりしたことですね。先輩方ありがとうございました。来年、中距離ブロックに後輩が入ってきたら中距離の17生でこのシステムを続けていきたいです。


1章~人生とは転ぶもの~

僕は合宿のオフ期間にバイトしまくろうと意気込んでいた。合宿明け1日目のバイトを終え、原付で雨の中帰っていた
いつもの国道 いくつのカーブ曲がったかはわからないが雨で濡れたマンホールの上で滑ってしまった。
ふいだった ただのアンラッキー 心が一瞬声上げた。
僕と原付は激しく地面に叩きつけられた。原付はヘッドライトが潰れてミラーは吹っ飛んでいた。僕は立ち上がろうと思えば立ち上がれたが、しばらく地面で倒れてみた。
アスファルトの上で雨が口答えしてる。
ふと口に痛みを感じた。呼吸をすると歯茎がスースーする。前歯を触ってみるとなんか足りない。咄嗟に吹っ飛んだミラーにライトを当てて自分の顔を確認してみた。マエバカケタ。


2章~君をもう探さない~

前歯を修復するとなると欠けた破片が必要らしい、じゃないと金がかかるとネットで知った。でも別に治さなくねよくね?と思った。
それでもいいけど、それでも息をして、それでも生きてるし。でも断裂面から菌が入るらしいから治すことにした。だけど破片は探さなかった。破片がないから何万円もかかることを覚悟して歯医者に行った。とりあえず相談しに行ったのに「今日終わらせちゃいましょう」と言われ、従うままにレントゲン撮って、麻酔を打たれ、なんか始まった。1時間もかからず解放された。鏡を見たらほんとに欠けていたのか分からんくらいに治ってた。「2910円になります。」安っ。


~エピローグ~
今のうちに書こう
未来の遺書を
人間いつ死ぬかわからないし

原付修理費12万円
next 徳江
カテゴリ :中長距離 トラックバック(-) コメント(0)

涙汗合宿を終えて 青木

 2018-02-12
青木です!
現在オフを満喫中。合宿を終えた翌日から大阪へ1泊2日の観光旅行に行って、昨日帰ってきてまた明日からは2泊3日で四国一周鉄道旅行に行ってきます!これくらい長い休みは半年に一回しかないので大規模な鉄道旅行も半年に一回しかできませんが、逆にこれを楽しみに部活やバイト、勉強を頑張れるので一つのモチベーションになっています!

さて、4日間の涙汗合宿が終わりました。自分としては昨年ヒザの靭帯を怪我して離脱していた影響でメニューが一切できなかったので、実質初めての涙汗合宿となりました。中距離ブロックは競技場、クロスカントリー、砂浜と、いろいろな環境の中で多様な練習をいました。
中距離ブロック長として講評するならば、1年生がさらに成長したな、というところでしょうか。ハイペースな練習にもしっかりついてきましたし、相手が格上でも遠慮することなくガンガンきてくれる。体力面でも精神面でも大きく成長しました。シーズンインがとても楽しみです。
自分としても、この合宿で何か吹っ切れたものがあったと感じています。まだまだ先輩方との力の差は大きいのですが、自分で引っ張っていけるようになりましたし、強い相手にも遠慮せず戦うメンタルが少しは鍛えられたなと思っています。

2018シーズン、中距離ブロックはさらに成長します。「南山の中距離ブロックやべえ!」というフレーズ、もっと他大学に広めたいです。今のチームなら絶対にできます。明るく楽しく、中距離ブロック、やってやりましょう!!

次は合宿の10000円チャレンジ最終日でデザートに手を出し予算オーバーしてしまった秀悟に回します!
カテゴリ :中長距離 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫