恐怖 野末

 2017-10-15
野末です。
最近、欠席者が多いことが気になります。風邪や通院で部活を休むことは恥であると認識し私生活から見直して欠席の無いように過ごしていただきたいと考えています

短距離としてはシーズンも終わり徐々に冬季シーズンに移行していくところではありますが、昨日、秋季大会が行われ多くの人が参加をしていました(自分は出場してませんが)中距離の活躍はみなさんご存じのとおりではありますが、そんな中、短距離の結果はいまいち奮わないものでありました。こんなこと言えた立場ではありませんが、怪我していた自分の方が速いのではないかと思うこともしばしばあり、課題が浮き彫りになるようなシーズンでした。
今期の反省を生かして来シーズンは全員ベストを出し、一人でも多く準決、決勝に進み西カレ進出者が出ればと思います。しかし、今の状態のままではまた同じような結果になることは目に見えています。ここまで様々な面で自分は優しすぎる部分があったと思うので、部活中だけでも少しずつ変わっていこうと思います。短距離の皆さん、頑張りましょう。
もう半年もしないうちに就活が始まること、怪我の影響でまだ思うように体が動かないことに恐怖しかありませんが、最後のシーズンを悔いのないように過ごしたいと思います。

次は一緒に魚釣りを趣味にしようとしてる加藤君に回します。最後の冬季シーズンへの意気込みをお願いします。
カテゴリ :短距離・フィールド トラックバック(-) コメント(0)

所感 森

 2017-10-15
4年生の森です。
名古屋支部・秋季大会お疲れ様でした。審判、補助員等サポートしてくれた部員、応援に来て下さったOBの方々ありがとうございました。
自分としては最後の大会と決めて挑んだレースでした。色んな思いを抱き走りました。結果は、100m11.34、200m23.02とベストには程遠いものでした。いつもであれば次がありましたが、僕にはもう次はありません。悲しい限りです。ただ今回貴哉と4継を走らせて頂き、目標としていた41秒台は出すことができませんでしたが、今までで1番楽しいリレーができました。短距離の皆さんありがとうございました。


今回は上南戦から秋季大会にかけて思ったことを書こうと思います。
今、南山の陸上部で大きな存在感を示しているのは中距離です。というか短距離・長距離に関しては存在感ないです。そんな中距離の練習に参加させてもらう機会がちょくちょくありました。中距離の見習うべき所は全員が上を見て練習に励んでいる所だと思います。吉田に勝とうとする片山、片山に勝とうとする鈴木、青木、新美、徳江、望、男子にできるだけ置いてかれないようにする桃子ちゃん、絶対に先頭を譲らないことで自分に磨きをかける吉田。そんな中距離の練習姿勢に関心しました。

短距離はどうか。僕と走ることを避ける短距離部員、走っても諦める部員、自分より遅い相手を見つけて走る部員、自分が遅いことに危機感を覚えない部員、そんなんだから遅い。全員が全員そうというわけではないですが、1人でもそういった向上心を持たない部員がいると全体の士気が下がる。せっかく自分より速い人がいるなら一緒に走って食らいついてでも諦めずに最後まで走るべき、足を引っ張っていることを自覚しているのであれば人よりも努力するべきだと思う。そんな向上心も持たず、努力もできないようなら辞めればいい。いるだけ迷惑。シーズンが終わった今、少し時間があります。もう一度自分の考えを改めて見直してみて下さい。

長距離の練習には参加していないので詳しい事情は知らないのですが、駅伝でドライバーとして選手をサポートする僕から言わせてもらうと、今の長距離の為に車を出すのは正直気が進まない。特に2.3年の女子からは駅伝に出たいという気持ちを全く感じない。入部したばかりの1年生に負けることを仕方ないことだと思っているし、仲良しごっこで真摯に練習に取り組んでいるようには見えない、同じ長距離が試合で走ってるのに芝生に座って喋るだけ、部としての伝統的な大会なので車出しますけど、そんな選手のいる長距離の為に出したいとは思えないというのが本音です。何も知らないくせに偉そうなことだと思うかもしれないですが、少なくても僕はそう思っています。

これから短距離・長距離が今の中距離のように良いブロックとして存在感を示していくことを望んでいます。


次は貴哉に回します。
カテゴリ :短距離・フィールド トラックバック(-) コメント(3)

授業がつらいです。 小林

 2017-10-12
針谷君から回してもらいました小林です。

まず先日の名古屋地区お疲れ様でした。入部して2回目の大会で、タイムは目標の12.1を切ることができ、僕自身一安心です。

前回の大会で、みっくんやたかや君に「遅い」「走るフォームが気持ち悪い」、「単純にキモい」などの罵詈雑言を浴びせられたため、大会までフォームを意識し、練習してきましたが、大会後自分の走っている動画を見ましたが気持ち悪かったです。
まだまだ力んでいて、上半身も硬く、もっと身体を楽に走れるよう練習していかないと思いました。
今週には秋季大会があるため、これらを少しでも改善し11秒台に乗れることを目標にします。

名古屋地区ではいろんな種目の応援にも行かせてもらいました。いつも練習に励む同級生や後輩が一生懸命走る姿をみて、素直にかっこいいと思いました。
陸上は個人種目で、自分だけの競技と思っていたのですが、実際多くのひとが応援に来てくれて、その中で結果を出して喜んでくれる人がいるんだと、思いました。
実際、今まで人の不幸を見て喜びを感じていた僕でも、表彰台に立つ吉田くんや梶川くんを見て、とても嬉しい気持ちになりました。
自分も大きな記録は難しくても、一年間でもここまで伸びるんだ!くらいの結果を残していきたいです。
もう気がつけば10月になっており、涼しい秋の風を感じると同時に、焦りも感じている今日この頃です。
なぜなら、11月から卒業を左右する12000字の卒論の経過発表(進捗度0)と四つのテストが僕を潰しにかかってきています。加えて、就職先の6日間の交流会がテスト前に控えており、なかなか激アツです。
僕は結構心配性で、心配が増えるたびにニキビがでてきます。卒業式の頃には僕は人間としての形を失い、ニキビになっちゃうんじゃないかな…と心配です。
僕には渾身の土下座もあるので最終兵器に残して、今は課されたものをひたすら処理していきます。
では明日は6時起きなので、ブログはこれで終わります。
次はなぜかブログを四年生だけで回す感じになっているので森みっくんにまわします。よろしく!

カテゴリ :短距離・フィールド トラックバック(-) コメント(0)

越野先輩に千円 川口

 2017-10-10
こんばんは!熱は引いたんですが咳がなかなか止まってくれない川口です。
タイトルにあるように僕は今越野先輩に学食代を借りている状態です。他の友達にもなんやかんやで合計三千円くらい借金があるのでさっさと解消したいです。

名古屋地区お疲れ様でした。
僕は出ていませんが思ったのはやはり後輩の活躍には焦らされるなぁということです。実は高校のときに800mの後輩に走力で負けるという経験をしたのですが、そのときは本当に悔しくて泣きそうになりました。まじで。できればもうそういう思いはしたくないので本当に油断できませんね。風邪なんてひいてる場合ではないです。今週にはビシッと49秒出して安心して冬季に入りたい。。。!!
風邪についてですがなんか高校のときから怪我明けとか体調不良明けの方が調子良いというジンクスがあるのでそんなに焦ってはないです。笑笑

そして秋季が終わったら学祭ですね。皆の協力のおかげで準備が着々と進んでいます。打ち上げのためにも、成功させたいところですね。

次は最近ブログ書いてなくね?と思ったので野末先輩にバトンタッチ。お見舞いありがとうございました!!!!感謝!!!!!
カテゴリ :短距離・フィールド トラックバック(-) コメント(0)

again 2年 山口 輝

 2017-10-07
祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。

有名な平家物語の冒頭です。僕はふとこれを自分の事に当てはめて考えてしまいました。
僕は高3の時に全国大会まで行くことが出来ました。そのため、大学に入ってからもすぐにまたタイムが出るだろうと余裕かましていました。しかし、いざ蓋を開けてみるとサッパリで中学の時の自分のタイムより遅い始末です。「おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし」。まさに自分のことを言っているようでした。


僕が短長ブロック長を任されて、早1ヶ月半。色々なことに事に気づけました。ブロックを引っ張る大変さ、練習メニューを組むことの大変さ、ブロック長としての重責。。先代の越野さんの大変さが今になって分かりました。でもどれも、良い勉強になっています。その点ブロック長になって良かったと思います。また何より、ブロック長になって1番良かったと思ったことは、短長のみんなはしっかり考えながら練習をしているんだなぁっと気づかされたことです。僕は今まで、漠然と走って練習をこなしていたらタイムも上がる!と思ってただ与えられたメニューをこなす、いうなれば作業感覚で練習をしていました。ですが、他の短長のみんなは今の自分を客観的に分析してこうしたら1番良いのではないか、こういう風にしたら良くなるのではないか、と工夫しながら練習していることが今更になってわかりました。工夫している人は、やはりタイムも伸び結果がついてきていました。
僕はブロック長になりメニューを考えるようになって初めて1つ1つどういう意味があって練習をしているのかと考えるようになりました。考えることの重要性をようやく認識しました。


皆さんご存知のように冒頭で紹介した平家物語の中で最終的に平家は壇ノ浦の戦いで滅びてしまいます。壇ノ浦というのは山口県です。不吉なことに僕の苗字と同じです。ですが、僕は滅びるつもりは毛頭ありません。中世の日本において、たけきものであった平家は遂には滅びましたが、僕は滅びません。必ず、昔のように復活して見せます!そのためにもまずは、しっかり1つ1つの練習を大切にし、原点回帰の気持ちで一から練習に励んで行こうと思います。これからも皆さん、主に短長の方々よろしくお願いします!!熱男ーー🔥

次は、リョウタ君に回します。彼は最近、咳ヶ原の戦いで苦しんでいます。ですが、いい文章を書いてくれると思います。期待を小早川しないでね?

カテゴリ :短距離・フィールド トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫